お疲れ様です。

昨日はちょっとショックなことがあって、でもだからこそ自信が確信に変わったこくぶです。

2018年5月2日の禁煙の記録です。
私の禁煙生活もあと1時間ほどでちょうど7日(168時間)となります。

これくらいで肺の機能が30%ほど回復するらしいです。ちょっと風邪のような症状が長引いていて、肺の機能の改善とかを実感するのはまだ先かもしれませんがね。

ところで、あなたは「自信が確信に変わる」って言葉を知っていますか?

実は、この「自信が確信に変わりました」って言葉、平成の怪物松坂大輔投手がプロに入って、はじめてイチロー選手と対戦した時に使っています。
この時、松坂投手は、イチロー選手から3打席連続三振を奪ったんですね。

さて、あなたの禁煙において、自信が確信に変わるのはいつだと思いますか?

今回の記事では、「自信が確信に変わる」ということについて書いています。

けむりんけむりん

にゃ、にゃんと!?

3打席連続三振を奪えるほど、野球うまかったのにゃ?

野球した後のタバコは最高にゃ笑

すわんすわん

いや、けむりん。きっと野球はたとえ話だと思いますにゃ笑

さて、禁煙6日目、7日目、そして「自信が確信に変わる」体験談楽しみですにゃ

 

禁煙6日目と7日目で自信が確信に変わりました!

あなたが絶対タバコが必要だと思う瞬間はいつでしたか?

実は、こちらの記事(⇒ 世界一簡単な禁煙方法のご紹介♪~一般的な禁煙方法が信用出来ない理由~)でご紹介させたいただいたのですが、禁煙をすると決めたら、タバコを吸う時に一本一本について、タイミングや状況、感情などを記録することをオススメしました。

まぁ、そこまでめんどくさいことをしたことがあるのは私だけかもしれません。
ですが、なんとなくでもいいので想像してみてください。

あなたは今までタバコを吸ってきましたよね?

え?もうやめたって?はい、もちろんです。
やめるその時まで吸っていたタバコの記憶です。

あなたが絶対にタバコが必要だって思う瞬間はいつでしたか?

ちょっと想像してみて下さい。

・休憩時間に仕事場の仲間と一緒に楽しいおしゃべりをしながら吸うタバコ
・脂っこい食事の後の、あの満腹感いっぱいな時に吸うタバコ
・喫煙者同士のお酒の席で、お酒と一緒にスパーーッと煙をふかす瞬間のタバコ

ニコチンで満たされた顔です。

どれもめちゃくちゃ美味しかったですよね?

あなたにもタバコが美味しかった瞬間ってきっとあると思います。

ただし・・・

私に関しては、そのどれも一番ではありませんでした。

それらの素敵な瞬間ももちろんタバコが美味しかったのですが、それ以上に、もっともっともっと、この時だけは、タバコが必要だって思う瞬間がありました。

私が一番タバコを吸いたいと思っていた時は、イライラしたり興奮したりした後です。

例えば、仕事で他人と衝突してうまくいかないことがあったとしましょう。とりあえず、気持ちを落ち着けてから話しをしたいなって思いませんか?

そういう時、私はまずタバコを吸ってから気持ちを落ち着けた後で、話をしていたんです。

例えば、恋人と喧嘩したとしましょう。
「なんだよ、こいつ、自分のことだけじゃなくて、俺の気持ちももうちょっと考えろよ!」(心の声)
って思いませんか?

そういう時、とりあえず、タバコを吸って、気持ちを落ち着けてから、喧嘩にならないような言葉を選んで発言する慎重派でした。

まとめますと、私がこの瞬間だけはタバコが欲しい瞬間とは、心臓の鼓動が早くなるようなドキドキ体験やストレスが溜まりまくった出来事の後だったんです。

けむりんけむりん

分かる!
めっちゃ分かりますにゃ!
確かに、ストレス貯まった後のタバコは気持ちを落ち着ける効果があるにゃー

友人と口喧嘩して鼓動が高まって、ほっと一息付きたい、落ち着きたい時に・・・

さて、ストレスがあればタバコで落ち着く習慣があった私ですが、ここ7日ほど禁煙は続いています。

その理由の1つは、実は、イライラするようなことを意図的に避けてきましたし、特にそのような問題もありませんでした。

が・・・・

とうとう起こってしまったんです。

私が・・・・

超絶イライラすること。

超仲いい友人との口喧嘩です!

でもって、いまだに二人の間には、悪い空気が流れています。

私、あまり身近な人にはこのブログを見て欲しくない気持ちが強いのですが、その人にだけはブログのURLを教えていたくらいのちょっと特別な人と口論になったんです。

でも、だから、あまり詳細を書くことは、今はまだできません汗

ですが、これだけは、分かって下さい!

もう、ここに書くのもめんどくさいほどの、超絶ムカつくことが昨日、起きたんです!!!!

でもですね?

ここからが大事ですよ。

私は、これまで、そんな超ストレスフルなことがあった時は、必ず、タバコを吸って気持ちを落ち着けてきたんです。

そして、そういうストレスフルな日の夜は、タバコを吸いながら、お酒に溺れて、記憶が飛ぶくらいお酒を飲んで、長時間寝て、すべて前向きに変化させてきました。

そんな私が、私が・・・・

いや、お酒には酔いつぶれましたけどね笑

いつもの習慣の中のタバコだけがすっぱりと消えてしまっても普通だったんです。

全然、まったくタバコを吸いたいと思わなかったと言えば嘘になりますが、タバコがないと今を乗り切れないとは思いませんでした。

普通に、VITAFUL(電子タバコ)加えて終わりでした。

そして、今日起きて、そのこと(あんなストレスフルなことがあっても、タバコ吸おうとしなかったこと)を思い出した瞬間です。

「自信が確信に変わりました」(ぼそっ)

すいません。

めっちゃ言ってみたかったんです、この言葉笑

でも、けっこうガチでそう思いました。

「昨日の自分を振り返って、禁煙できる自信が確信に変わりました。」

って。

自信が確信に変わった瞬間のイメージ画像です。

すわん(笑)すわん(笑)

おお、よかったですにゃ。

なんか苦労したかいがあったようで自分のことみたいにとても嬉しいですにゃ

けむりん(呆)けむりん(呆)

ふ、ふん。

でも、そんなの、タバコやめてなきゃ、苦しむこともなかった話だにゃ

すわんすわん

あ、でも、確信に変わったからと言って、もう大丈夫だ、の一本に気をつけないとダメですにゃ

でも、本当に確信するのはまだ先かもしれません笑

はい、ここまでは少しテンション高めにお話してきまして、ちょっと恥ずかしいので引き締めます。

もちろん、私は、ニコチンパッチを使っていて、完全にニコチンから離れたわけではありません。

VITAFULという電子タバコを使っているので、完全にタバコのようなものを口にしないわけではありません。

ですが、あんなに超絶イライラした時に、私が、タバコを求めなかった。

これは、自分の中では、かなりびっくりしてしまう瞬間なのです。

なので、私の禁煙はおそらく99%うまくいくと思っています。

ただ、私は、このブログに少し書きましたが、20数日タバコを辞めた後で吸ってしまった経験があります。
( ⇒参照:禁煙体験21日で喫煙してしまった体験談~タバコを吸いたくなったら・・・~

また、今、風邪みたいな症状が続いているので、以前禁煙をした時のように、タバコを辞めたことのよる味や臭いの変化がまだよく実感できてないんです。

おそらく、今日、自信が確信に変わりましたが、その確信が少しずつ少しずつ強まっていくのはこの先だと思います。

禁煙成功率99%がゆっくりゆっくり100%に近づいていけばいいなって思っています。

あなたはどうでしょうか?

そろそろ禁煙を続けられる自信を持てましたか?

もはや禁煙なんて余裕だって確信に変わっていますか?

もしかしたら、その一本が吸いたくて吸いたくて、それだけが気になって、自信もクソもないですか?

あなたがいずれの状態にいたとしても、今、その感情を抱けているのって、禁煙しているからですよね?

もしもあなたが禁煙をしようと思わなければ、禁煙をしていなければ、今のそのモヤモヤ感を感じることもなかったでしょう?

今、どうしようもなくタバコを吸いたくて吸いたくてたまらない気持ちを感じることもなかったでしょう?

逆に、「よし、今日も吸わなかった、よっしゃー、俺がんばってんぞー」って気持ちを味合うこともなかったでしょう。

さて、あなたは今からどうしますか?

とりあえず、タバコを一本吸いますか?

よろしければ、もう少しプラスもマイナスも含めて、それなりに楽しくもある禁煙体験を私と一緒に進めてみませんか???

1章は以上です。

2章では、禁煙6日目、7日目の体験談、症状と変化の詳細を書かせていただきます。

けむりん(怒)けむりん(怒)

き、禁煙なんて辞めた方がいいに決まってるにゃーーー

タバコを吸いながらでも人生楽しめるのをなんで分かってくれないにゃ

すわんすわん

け、けむりんがちっちゃく見えますにゃ。

もう、何の説得力もないけむりんでしたにゃ

けむりん(怒)けむりん(怒)

ば、馬鹿にするにゃ。

タバコは絶対うまいにゃーーー

禁煙開始から6日目、7日目の離脱症状と体調変化

では、ここからは禁煙開始から6日目、7日目の離脱症状と体調変化について詳細を書いていきます。

禁煙開始から6日目を終えて思うこと

禁煙6日目ですが、まず朝起きて感じたのは、以下のとおりです。

喉が痛い(禁煙2日目がピークでした。)

喉がイガイガする。(風邪のエヘン虫というやつですかね?原因は分かりませんが、とにかくイガイガしていました。)

痰が喉にからまっている。(これも4日目くらいよりはマシになってきました。)

寝起きは、咳を繰り返して、痰を外に出している。(少しずつ症状は良くなってきているように思います。早く良くなってほしいです。)

以上が、禁煙6日目の寝起きの離脱症状と体調変化です。

この日は、日中の眠気やダルさをあまり感じませんでした。

便秘も初日だけでずっと快便が続いています。

また、頭痛もおさまりました。

めまいは今回は一度もありません。

6日目に感じた離脱症状、体調変化は以上です。

禁煙開始から7日目を終えて思うこと

7日目も6日目とほとんど一緒なので簡単に書きますね。

朝起きての症状はほぼ一緒です。

喉が変な感じと痰はまだおさまりませんでした。

そう言えば、日中に、ちょっと熱っぽく感じたので、熱を測ってみたのですが、36.5℃でした。

タバコを吸っていた時よりも血流がよくなって、熱っぽく感じているのかもしれません。

この症状の詳細に関しては、また後日検討してブログに書きたいと思います。

特に、7日目の問題は友人との衝突があっても、タバコを我慢したというか、タバコを吸いたいと強くは思わなかったことです。

この出来事が7日目のすべてといってもいいくらいです。

7日目は以上です。

私の症状は禁煙の離脱症状なのか?風邪なのか?

さて、ここまで、私の禁煙の離脱症状や体調変化をご覧いただいている方は不思議に思っていると思います。

なぜなら、私の経験している離脱症状は、風邪の症状とそう変わりません。

それ、風邪ですよ?と言われたらそれまでです。

実際、風邪も入っていると思います。

私の認識を一応、書いておきますね。

今まで私の体にとっては、タバコやニコチンが生きていくために必要でした。
少なくとも、タバコを吸って、気持ちいいって思うためには、タバコは必要でした。(間違いってはいませんよね?笑)

今回、私が禁煙をはじめましたので、体が必要だと思っているニコチンが体に入っていきません。
体は急激な変化を嫌います。
良くも悪くも現状を維持しようとするのが私たちの体の機能です。

ニコチンが切れて急に変化したくないので、体はニコチンを取りなさいという命令を出します。
体には声がありませんので、離脱症状という形で私に、ニコチンをとりなさいと語りかけます。

その離脱症状の形は人それぞれです。

その1つの形が私の場合は、この風邪に似た症状だったのだと思います。

それで、けむりんにも心配されちゃったりしていますが、周りから見たらそれなりに苦しそうに見えるらしいんですね笑

でも、私にはまだ余裕があります。

なぜなら、前回の禁煙の体験談を読めば読むほど、今回は楽勝だなってニヤついてしまうからです。

だって、あの、タバコを一本だけ吸えば、すべてがハッピーになるって妄想が襲ってこないんですよ!

では、2章は以上です。

けむりんけむりん

体とニコチンの関係は、今にも信用しそうな話だったにゃ。

そもそも体に気持ちなんて分からないからそれこそ妄想にすぎないにゃ。

すわんすわん

まーまー。
実際妄想かもしれませんけど、禁煙する人からしたら、体ってそう思っているんだろうなって気持ちはよく現れていると思いますにゃ。
でも、2章は突然終わってしまった気がしたけど、何かありますかにゃ?

禁煙にニコチンパッチと電子タバコが効果的な理由

最後に、「タバコを一本だけ吸えば、すべてがハッピーになる妄想が襲ってこない」理由についてお伝えします。

今日は、形を変えて、もしも、ニコチンパッチを使ってなかったらどうなっていたのか?

もしも電子タバコを利用していなかったらどうなっていたのか?

について書いてみたいと思います。

もしもニコチンパッチを使わなかったら・・・

もそも私が今回の禁煙においてニコチンパッチを使っていなかったとしましょう。

もしかしたら、ニコチンパッチがなかったとしても、禁煙を続けることができていたかもしれません。

ですが、すごく緊張感でピリピリした禁煙生活だったと思います。

どういうことか説明しますね。

私は禁煙21日目にタバコを吸った経験があります。
(参照:禁煙体験21日で喫煙してしまった体験談~タバコを吸いたくなったら・・・~

この21日間がまさにそうだったんですね。

タバコが吸いたくて吸いたくてたまらない。

それをずーーーっと我慢していた感覚でした。

もちろん、初日~3日目でタバコを吸いたいという気持ちのピークは過ぎるんですよ。

でも、どこかでずっとタバコが欲しくて欲しくて、目の前に餌があるのに、ずっとお預けを強要されている犬みたいな状態でした。

今は、違います。

なぜなら、ニコチンパッチがあるからです。

どうしてニコチンパッチがあると、禁煙中、余裕が持てるのでしょうか?

おそらくですが、ニコチン切れって、やっぱり体にとっては一大事なんだと思うんですね。

そこで、ニコチンパッチからニコチンが吸収できるとやっぱり体って落ち着いた状態を保てると思うんですよ。

もちろん、ニコチンパッチをどこかでやめる時はやってきます。

その時に、もしかしたら、私は後悔するかもしれません。

やっぱりサクッと一気に禁煙していればって。

でも、たぶん、大丈夫だろうと予想はしています。

私は、夜にはニコチンパッチをはずしています。

朝起きて、あえて、ニコチンパッチをしばらく付けるのを待っても、タバコを吸いたい気持ちはありません。

もし、今のあなたの禁煙生活が、一歩足を踏み外したら一気に崖の下に落ちてしまうような細い橋を渡っているような状態なのであれば、私は、あなたに心からニコチンパッチを試してみることをオススメします。

⇒⇒ 【第1類医薬品】ニコチネル パッチ20 14枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

※ニコチンパッチの効果については個人差があります。お買いになる際には、ご自身の責任の下でご購入くださいますようお願いいたします。

もしもVITAFUL(電子タバコ)を使わなかったら・・・

次に、もしも私の禁煙生活にVITAFULがなかった場合を妄想してみましょう笑

タバコを吸ってきたあなたであれば、分かってくれると思いますが、私たちは、何気なくついタバコを吸っている瞬間ってあると思います。

禁煙を始めた場合、ガムを噛んだり、飴を舐めることによって口寂しさを無理やり埋めることはできます。

ですが、それだと手寂しさ?を埋めることはできません。

たぶん、この感覚は、タバコを吸った人しか分かりませんし、気にならない人も多いかもしれません。

その口寂しさと手寂しさを埋めるために、飴をなめながら、シャープペンでも何でも持っていてもいいとも思います。

ただ、タバコのように、手に持って、それを口にいれて、煙が出て、心が落ち着くようなタバコの代替品があれば便利だなーって思っていました。

そこで見つけたのがVITAFUL(電子タバコ)でした。

この本を私は読みましたし、あなたも読んだかもしれません。

この本では、一気にタバコを辞めて、禁煙に電子タバコや禁煙パッチなどを利用するのはやめた方がいいと言っています。

ですが、私はそう思いません。

もしも、私の禁煙生活に、VITAFULがなければ、きっとなんとなくタバコが吸いたいってその一瞬一瞬の気持ちが積み重なって、どこかで爆発してタバコを吸っていた可能性もあります。

今、タバコを吸っている人を見た時や、今までタバコを吸っていた時のようなふとした瞬間にタバコが吸いたくなった時、私はVITAFULを吸います。

タバコの快感を求めて、吸い込みすぎて、むせることもありますが、とりあえず、タバコを吸いたい気持ちはおさまります。

もし、ここでVITAFULを吸わなかったらどうでしょうか?

その瞬間タバコを吸いたい気持ちを抑えることはできるでしょう。

ですが、抑えられた感情は心のどこかに残ってしまいます。

次にタバコを吸いたくなったら、またその感情を抑えたとします。

それが積み重なっていくと、いつか、

「もう無理!」

って時が来るかもしれません。

私も、禁煙をはじめて、まだ、7日程度ですから、この先もしかしたら爆発する時が来る可能性もあります。

でも、今のところは、うまくその感情を調整できているではないかと思っています。

もしも、あなたが、本当は、心のどこかで、タバコを吸いたいって感情を抑えて、抑えて、我慢しているんだとしたら、爆発する前にVITAFULを吸ってみることをオススメします。

⇒⇒ VITAFULの購入はこちらから♪♪



やっぱり両刀使いしましょう笑

「ニコチンパッチを利用してニコチンを断ち切っていないのに、何が禁煙だよ!」と言われる人もいるかもしれません。

「電子タバコ吸っているなら、タバコ吸っている時と変わらないじゃん」と心ない言葉を投げかけられることもあるかもしれません。

「ニコチンパッチで1日400円前後使って、VITAFUL一本1000円も使って、お金かかりすぎ!タバコ吸っていた方がいいじゃん!」って呆れる人もいるかもしれません。

で・す・が、

あえて言わせていただきます。

あなたは、一気にニコチンが切れるあの恐ろしい離脱症状を本当に乗り切れていますか?

もしかして、綱渡りの綱を渡っているように、下を見ないように、ビクビクしながら禁煙を続けて、本当にゴールまでたどり着ける自信がありますか?

「吸いたい」って欲求をずっと抑え続けて、我慢できるほどあなたは強い人間ですか?

私は、そんな根性もないですし、強くないので、ニコチンパッチとVITAFULを併用しますし、あなたにもオススメします。

お金の面では、1ヶ月から2ヶ月ほどは、タバコを吸っていた時よりも多めにかかってしまいますが、全体としての収支は必ずタバコをやめた方がプラスになると分かっているので、その収支の状況も今後お伝えしますね。

もう苦しくて、たまらない、どうしようもない、とりあえず一本すいたいあなた。

あなたは、今からたばこに火をつけますか?

とりあえず一本吸いますか?

それとも・・・

あなたもぜひ自信を確信に変えて下さい。

⇒⇒ 【第1類医薬品】ニコチネル パッチ20 14枚 ※セルフメディケーション税制対象商品

※ニコチンパッチの効果については個人差があります。お買いになる際には、ご自身の責任の下でご購入くださいますようお願いいたします。

⇒⇒ VITAFULの購入はこちらから♪♪



けむりんけむりん

ちゃ、ちゃんと我慢しないでタバコを吸うにゃ!!

もう、俺にはそれしか君に伝えることはないにゃ。

すわんすわん

あはは。

こくぶさんも、ようやくタバコを吸わない生活に慣れてきたようですにゃ。

風邪のような症状が早くよくなるといいですにゃ。

今回の記事は以上です。

まとめ

禁煙6日目と7日目の離脱症状と体調変化について体験談を書きました。

そこでの経験から、禁煙の自信が確信に変わったなと思ったので、なぜそう思ったかについてまとめました。

今回の禁煙にニコチンパッチと電子タバコ(VITAFUL)がなかったらどうだったかについてまとめました。

今回の記事があなたの健康のお役に立てたら嬉しく思います。