どうして何度やってもうまくいかないんだよーーー><

タバコが体に悪いって知ってるのに、お医者さんにもやばいって言われているのに、なんで辞められないんだろう・・・

夫に長生きして欲しいんです。だから、ついついきつい言葉を言ってしまうけど、でも本当に辞めてほしくて、でも辞めてくれません。

・・・・

ためだって思っているのに、辞められれないことってタバコだけじゃなくてもありますよね?

それを依存症だからで片付けてもいいですけど、であれば、依存症をどうやって克服していくのか?

今回の記事では、私が具体的にどうやって、どのような方法を取って、タバコを辞めようと考えているのかを具体的に書かせていただきたいと思います。

 

禁煙方法によって成功率は違うのか?

まず、私の禁煙方法についてお話する前に、世の中にはどんな禁煙方法があって、その成功率ってどのくらいなのかについてお話します。

禁煙の方法ってどれだけ種類があるのか?

あなたは禁煙の方法ってどれくらいご存知でしょうか?

まず、禁煙って何かって考えるとタバコを辞めることです。

タバコを辞めると考えると、辞めるか辞めないかの2択しか選択肢はありません。

ですが、方法としては、いろんなものがあります。

まず、一番有名なのは、禁煙外来でしょうか?

禁煙外来において、私が経験したことがあるのは、チャンピックスという飲み薬を飲んだ方法ですが、この他にもニコチンパッチを貼る方法もあります。

また、ニコチンガムを使う方法があります。

もしかしたらカウンセリングだけを受ける方法もあるかもしれませんし、お金を使えば、入院して覚せい剤などを辞めるように自分の意思をさえぎって完全にニコチンを絶つ方法もあるかもしれません。

禁煙外来による禁煙方法は特殊なところを想像してもそのくらいでしょうか?

禁煙外来以外ではどのようなものが想像できるでしょうか?

最近の流行りは、ニコチンを含む、含まないありますが、電子タバコがあります。

タバコによる火事の危険性、タールの危険性を防ぐ意味で、iQOSなどが発売されましたが、これは禁煙とは言えませんので、省略します。

ニコチンを含まない電子タバコもたくさんあります。

また、ガムを食べたり、飴をなめたり、運動療法などもあります。

深呼吸をしてタバコを辞める方法もあります。

すべてにおいて一つだけ言えるのは、タバコを辞めるorタバコに変わるもので置き換えるです。

いずれにせよ、タバコは健康に問題があると言われていますし、お金もけっこうかかります。

タバコを辞めればいいことがたくさんあるのは間違いありません。

ですが、人はなかなかタバコを辞められません。

辞めれる人も多いですが、私にしてもあなたにしても、まだ今のところうまくいっていません。

さて、いろいろな禁煙方法があって、私もあなたもいまだに成功をしていませんが、他の人はどれくらい成功しているのでしょうか?

そこを見てみましょう。

禁煙外来の成功率ってどのくらいなの?

一般的な禁煙グッズによる禁煙成功率については、ちょっと具体的なデータを調べることができませんでした。

メーカー発表のデータがないことはないのですが、私はそれをどこかで信用していません。

そこで、医療機関発表の、禁煙外来における禁煙成功率のデータを引用してみたいと思います。

禁煙の成功率のデータの例です。

この禁煙外来の結果によると、81名の禁煙挑戦者のうち、44名が3ヶ月の禁煙に成功しています。

割合としては、54.3%、禁煙にチャレンジしたら2人いれば1人は成功しているということが言えます。

母体が81人と少ないので、もっと大きな人数で調べれば、少し変動するかもしれませんが、私が周りの禁煙チャレンジしている人を見ていても、半分よりは少し多いのでは?と思っていますし、そこまで大差はないでしょう。

まぁ、10人いたら6人くらいは成功するという感じで思ってもらっていいと思います。

この場合、医者にかかるくらいの覚悟を持っている人たちですから、禁煙グッズでやろうとする人よりは若干割合は大きいと思います、禁煙成功率の割合です。

禁煙グッズの人は、約4割あればいいほうかな?と勝手に思っています。

いずれにせよ、成功する人がいる一方で、失敗する人もそれなりにいるってことを知っておいてください。

ちなみに、私が禁煙外来で失敗した理由は他の記事でもちょこちょこお話していますが、薬との相性の悪さが一番大きい原因でした。

禁煙外来で飲む薬は効くと、本当にタバコがまずくてたまらなくなります。

なので、効果は高いと個人的に思っています。

ただ、薬ですので、副作用を強く受ける人もいます。

では、禁煙グッズって役にたたないのでしょうか?

禁煙グッズには基本的には、副作用の心配はありません。

禁煙グッズって役に立つのか?

禁煙グッズで一番見かけるのは、病院でも使われることがあるニコチンパッチです。

これは、ニコチンに主眼を置いたタバコの代替物です。

薬局等でも売っています。

ちょっと私は使ったことがないので、はっきりしたことは言えませんが、禁煙3日目くらいまでのあのニコチン不足による欠乏感をうまく補えるのであればありだと思います。

私は、禁煙グッズであるVITAFULとガム、飴を利用しようと思っていますが、それがうまくいかなかった場合は、ニコチンパッチかニコチンガムを利用しようと考えています。

では、なぜ、このような禁煙グッズが流行しているのでしょうか?

私はタバコにはデメリットしかないとは思っていません。

実際に、ちょっと調べてもらえば分かりますが、タバコにはメリットもあります。

紙タバコは、商業的な意味合いが強すぎて、デメリットの方がたくさんありすぎますが、タバコという植物は昔から人とうまく関わってきて、メリットはあります。

ちょっとこの記事では具体化しませんが、刺激をもらえる、ホット一息つけるのは、何もまやかしではありません。

脳科学的にもタバコにはそういう作用がある脳内物質を出す作用がはっきりと分かります。

それがいいとか悪いとかは抜きにして、タバコにはメリットもあります。

だから、人はタバコを吸ってしまうという一面があるのは事実なのです。

ですが、そのようなメリットがあるがゆえに、人はタバコに依存します。

依存して、自分の意思で辞めることが困難になります。

その場合、必要以上に、体を蝕むくらい吸っていることがほとんどです。

依存症になった場合、体に適度なくらいの量で辞めることができません。

お酒もギャンブルも一緒です。

といえば、想像できると思います。

そのような場合は、完全に絶つのがいいです。

ただ、これまでの習慣を完全にたつことには痛みが伴います。

禁煙グッズは精神的な安定をもたらしてくれます。

ニコチンが入っていないVITAFULのメリットは、体がついついタバコに手を伸ばして、ちょっと一息つきたいって思うあの瞬間に使えると私は思っています。

煙も出ますし、疑似体験といいますか、置き換えにもってこいです。

ただ、どうしても急にニコチン切れを起こすと、人によっては離脱症状で平常な状態を保てなくなります。

おそらくそういう時のためにニコチンパッチやニコチンガムが存在します。

書籍や人によっては、禁煙はスパッと辞める、代替物は必要ないと言われていますし、私もその意見はある意味正解だと思います。

でも、それでも失敗する人もいます。

それが私であり、あなたなのであれば、私やあなたは、スパッと辞めることができないので、禁煙グッズをうまく活用すればいいのではないでしょうか?



ここまでで一般的な禁煙方法とその成功率、禁煙グッズの必要性についてお話しました。

次の章では、具体的に私が考えている禁煙方法についてお伝えします。

私がおすすめする禁煙方法はコレ

私がオススメする禁煙方法は、タバコについて真剣に、もうガチで考えるという方法です。

スポーツ選手であれ、昔の武将であれ、勝つためには相手を研究しました。

敵を知り、己を知れば・・・ってやつですね笑

では、それを禁煙に応用するにはどうすればいいのでしょうか?

レコーディングダイエットのすごさについて

まず、あなたがダイエットに関係する人であろうと、知らない人であろうと、考え方が素晴らしいダイエット方法をご紹介します。

この本で提唱されているレコーディングダイエットというやり方です。

何がすごいかと言うと、ひたすら記録を取るだけというダイエット方法です。

ね?シンプルでしょう?

物事の本質って基本的にシンプルだと私は思っています。

ダイエットなんて、食べるのを控えて、適度に運動をすれば誰でも痩せるんですよ。

ってことは誰でも知っているわけじゃないですか?

それができないのが人なんですよね?

じゃぁ、どうすればいいかって、自分が何を食べているのかをしっかりと把握するんです。

なぜ、それを食べているのかにしっかりと向き合うんです。

当たり前のことが当たり前にできない現実と向き合うんです。

なぜか?

人は当たり前のことを当たり前に継続させることが苦手な生物だからです。

心でこれが正しいと思っていることを、体にとってそれが正しいって思っていることを一時的にできても、それを継続できないんです、なぜか。

だから、記録を取って、分析をします。

そして、反省をして、計画を立てて、また行動して記録をとります。

こうやって食べる量を管理していれば、痩せないわけはありません。

繰り返せば太る理由はありません。

私は、この方法で約18キロ体重を落としました。

さて、少しは、あなたにもレコーディングダイエットの素晴らしさが分かっていただけたでしょうか?

でも、これはダイエットブログではありません。

ただ、その考え方って禁煙にずばり応用できると思いませんか?

次に、レコーディングダイエットを応用した、禁煙方法について考えていきましょう。

データを取らないと何も分からない!?

禁煙に関わらず、あなたは、「なんとなく」何かをやっていませんか?

今、あなたがタバコを口にくわえているとします。

その理由について深くは考えていないでしょう。

「なんとなく」タバコが吸いたくなったから吸っています。

少なくとも私はそうです。

朝起きると、「なんとなく」タバコを吸います。

「なんとなく」おいしい気がします。

ご飯の後にも「なんとなく」タバコを吸います。

油ものを食べた後なんかは、「なんとなく」おいしい感じがします。

なんかバタバタとした仕事の途中や、ピリピリした仕事の後は、「なんとなく」タバコを吸って、「なんとなく」落ち着きます。

「なんとなく」いつでもタバコなんて辞められる気がします。

でも、しょせん「なんとなく」なので、瞬間的なものです。

継続することができません。

なぜなら、ちゃんと考えていない無意識レベルの行動を矯正ことってとてもむずかしいからです。

だから、どうすればいいかっていうと、「なんとなく」を「なんとなく」のレベルから引き上げます。

はい、意味不明なので、次に、その「なんとなく」の矯正についてお話しますね。

今、なぜ、そのタバコを吸っているのかをちゃんと理解する!

人にとって「なんとなく」何かをやれることはとても大事なことです。

あの有名なDAIGOさんでも、この本で直感力の大切さを主張されています。

ただし、この本でも言われていますが、直感、つまり「なんとなく」の精度をあげるためには、しっかりとしたデータが必要になります。

今、あなたは「なんとなく」タバコを吸っていますが、タバコについてちゃんと知っている人は多くはありません。

なぜ、タバコを吸うと気持ちいいのか?

なぜ、タバコを吸うと落ち着くのか?

なぜ、タバコを吸っていると口の中が変なのか?

「なんとなく」ネットで見たことがあるかもしれませんが、それも「なんとなく」だと思います。

だから、「なんとなく」体に悪いって言われても、本気になれません。

なぜなら、リアリティがないからです。

それを「なんとなく」のレベルから1度リアリティがあるものに変えるには・・・

ひたすら、一本一本のタバコと向き合ってみることをオススメします。

今、タバコを吸いたいと私は思っています。

なぜか?

作業に集中して、ホット一息つきたいからです。

タバコで本当に一息つけるのか?

ニコチン切れによって約1時間ちょい経過したので吸いたくなったのかもしれないけど、やっぱり吸ったら落ち着く。

このタバコを辞めることができるだろうか?

・・・・

このような作業を、タバコを吸っている一本一本で行います。

あ、めんどくさいです。

だから、めんどくさがりやの人には無理です。

お金はかかりませんし、たぶん、誰でもやろうと思えばできます。

ですが、普通の人にとってはかなりめんどくさいです。

ダイエットでもそうでした。

ほとんどの人はもっと簡単に、簡単に、ただ◯◯するだけって方法を求めて、無駄にお金を使って、文句を言って辞めます。

そのちょこっとをめんどくさがらずにやれるかどうかがたぶん、何事でも分かれ道だと思います。

私はそう思っています。

これまでは、めんどくさがってかえってめんどくさい方向へ進んできたので、これからは今ちょっとだけめんどくさくても将来めんどくさくなさそうな選択をしようと思います。

そもそもドラクエとかRPGした人にとってレベル上げが当たり前のように、ゲームを楽しむためには、そういう地道な部分は必ずあります。

それが嫌だとしたら、誰かにレベル上げをお金を払って頼むしかありません。

ただ、私はレベル上げ自体を楽しむ人間なので、禁煙するために、今は記録をちょこちょこ取ります。

タバコを吸うごとに記録を取ります。

今、何時何分、なぜ、何のためにタバコを吸っているのかって・・・

ある意味、傍目から見たら、完全に異常な人なんですけど、おかげで自分がなぜタバコを吸っていて、本当にタバコを求めている瞬間ってどんな時なのかってことが見えてきました。

そして結論的に、私はタバコを辞められると思っています。

計画的には、ゴールデンウィークを利用しようと思っていますので、またその時期には随時報告させていただきますね。

ここまで、「なんとなく」タバコを吸っていることを「意識して」なぜタバコを吸っているかを考えてみようというお話をさせていただきました。

最後に、タバコを絶対辞められる確実な方法についてのお話をしようと思います。

こうすればタバコを辞められる具体的な方法とは?

禁煙に失敗し続けている私が、現時点で語ることのできる内容ではないかもしれませんが、こうすればタバコを辞められる具体的な方法についてお伝えします。

でも、あなたもきっと分かっていますよ、その方法が。

なぜそれをしないのか?

できないからですよね笑

人は意味がないことはしないのか!?

さて、タバコを辞める具体的な方法の前に、そもそも人って意味がないことはしないのか?ってお話をさせていただきますね。

先ほども少しだけ触れましたが、現代社会において、タバコが癌の発生率を高めることは誰しもが知っています。

子供でもタバコが体に悪いことは知っています。

ですが、私もあなたもその体に悪いものを吸っています。

今のところ辞めることができていません。

なぜ、私やあなたは、そんな世の中的に意味がないって言われることを継続できているのでしょうか?

そもそも人は意味がないことをしないのでしょうか?

例えば、あなたの人生において意味があることって何ですか?

じゃぁ、具体的にあなたの人生の意味が大切な人を幸せにするだとします。

でも、実際に大切な人を大切にしている人でも、それ以外のことをしています。

大切な人と関係ないゲームをしますし、本を読みますし、ご飯も普通に食べます。

別に大切な人と一緒じゃなく寝ます。遊びます。

そうやってバランスを取ることが大切な人を幸せになるとも言えますが、意味がないとも言えます。

歯を磨くことって意味がありますかね?

さて、どう思われますか?

私は、人は意味があろうとなかろうとやりたいこと、気持ちいいことはしてしまうって思っています。

だから、私は、タバコを吸っています。

それに意味があろうとなかろうと。

でも、どこかでそれが心に引っかかっているんです。

なぜなら、意味がないどころか、どこかでそれが絶対的に自分にとってよくないことだと知っているからです。

自分にとってタバコが必要なのかをしっかりと分析する!

例え、世の中がどう言おうと自分にとっては大切なものってあると思います。

はっきり言えば、人に迷惑をかけない範囲ならば、タバコを吸おうが辞めようが文句を言われる筋合いなどありません。

なぜなら、タバコを吸うことは合法であるからです。

世の中が今、魔女狩りのようにタバコを悪くいう代わりに、たばこ税は約2兆円も集まっている事実から目をそむけるのもおかしいです。

でも、だからこそ、自分で、しっかりと、本当にタバコが自分に必要であるかをしっかりと考える必要があると思います。

世の中は東京オリンピックに向けて、もっともっと喫煙者を追い込んでいくでしょう。

その目的の詳細はここではあえて触れませんが、実際そうなります。

それをあなたも分かっていると思います。

だからこそ、今、せっかくだから考えてみましょう。

向き合ってみましょう。

今、あなたが吸っているそのタバコの意味を。

そして、仮に誰かに、子供に、なんでタバコを吸っているのか聞かれた時に、自分の信念を持って、堂々と言えるくらいにはなりましょう。

それくらいの覚悟と責任を持って、タバコを吸っているのであれば、私はタバコを吸っているあなたをかっこいいと思うでしょう。

ただ、私は、ちょっと迷いがあって、そこまでタバコが自分に必要だと主張はできません。

だから、今、タバコについて真剣に向き合っているのです。

最後に、準備の大切さについてお話します。

段取り八分の精神と失敗を恐れない勇気を!

前回、私は、行き当たりばったりで禁煙をはじめてしまい、失敗に終わりました。

⇒ 禁煙初日の禁断症状全公開&禁煙した理由と失敗の考察!

この時に学習したことが、何でも段取り八分ということでした。

私は、水木金曜日が仕事が忙しいです。

逆に、それを利用しようと思いました。

次は、水曜日スタートで禁煙をしてみます。

3日たてば心の余裕ができるので、それからゴールデンウィークで禁煙タイムを楽しんでみたいと思っています。

まだまだ、それまでに、今度こそ成功できるように準備をしていきます。

タバコと向き合って、ガチで辞められるように、しっかりと準備をします。

ただし、次が失敗に終わったとしても、今年中はチャレンジしてみたいと思っています。

だって、大谷翔平君でさえ、あれだけの準備をしても、3打席に2打席は失敗しているんですもん笑

ちょっとその失敗とは意味あいが違いますが、でも、失敗を恐れて何もできないよりは、しっかりと準備をしてサクッと行動したほうが楽しいと思いませんか?

あなたもやってみようって思ったら、即、記録とってみませんか?

今、あなたはなぜタバコを吸っているのか?

しっかりと考えてみませんか?

タバコだけじゃなくて、今、あなたがやっているその無駄だと思う行動・・・・

それについてちょっと向き合ってみませんか?

さて、人がタバコを完全に辞める方法、それは、タバコを吸うことを完全に合法にすることです。

そうすれば、98%の喫煙者はタバコを辞めて、1%の人は影で吸って、残りの1%の人はタバコを吸うことによって捕まるでしょう。

さらに言えば、それと同じような状況を自分で作り出せば、禁煙はできるでしょう。

でも、現実的に、今の社会でそのような状況を作り出すのは非常に難しいと思います。

だからこそ、自分の意思でしっかりとタバコと向きあって、タバコが自分に必要なのかどうかをしっかりと考える必要があると私は思います。

今回の記事は以上です。

まとめ

禁煙方法によって成功率がどのくらいかを考察しました。データとしては禁煙外来のもので、そこからの推測になります。

私がオススメする禁煙方法について具体的にその方法を書かせていただきました。

禁煙で大事なのは、タバコを完全否定するのではなく、今までなぜタバコを吸ってきたのかを冷静にしっかりと見つめることだと思います。