元気ですかー!?

ゴールデンウィークぼけ全開で、普通に何曜日か忘れていて焦ったアントニオ・・・ではなく、こくぶです。禁煙開始から12日と6時間半が経過しましたが、私は、普通に元気ですよー♪

2018年5月7日の禁煙の記録です。

禁煙を始める前にあなたはこういうことを思っていませんでしたか?

・禁煙を始めて一番苦しいのは、禁煙を始めた初日~3日目くらいまでだ!
・禁煙開始から1週間すれば、体がタバコを吸わないことに慣れてしまって、「タバコを吸いたい」という感情なんてなくなってしまう。
・ということは、禁煙で苦しむのは、たったの1週間くらいで後は余裕だ。

さて、禁煙10日目となった今、あなたはどういう心境でしょうか?はじめに思ったとおりでしたか?

私は、禁煙から21日後にタバコを吸ってしまった経験があったので、「地獄のような3日間」「体が吸わないことに慣れる7日間」の後の、禁煙10日くらいに感じる「なんとく吸いたい感」を覚悟していました。

確かに、タバコがなくても生きていけるなって実感できていますよ。ただ、今までタバコを吸っていたふとした瞬間に、「あぁ、タバコ吸いてーーー」って思うことはあります。それと・・・「これだけ我慢できるんだから、一本くらい吸ってもいいんじゃね?」って思ってしまうこともあります。

でも、それってタバコだけじゃなく、恋愛とかでもそうではありませんでしたか?失恋してすぐはきついですよね。でもそれを乗り越えて、あの人がいなくなったことに慣れてしまった10日後でも、ふとした瞬間にあの人のことを思い出してしまう・・・

では、禁煙から10日たっても、「タバコを吸いたい」と思うのは、いったいなぜでしょうか?こういう時はどういう対処をすればよいのでしょうか?今回の記事はそういうお話です。

けむりんけむりん

タバコ美味しいにゃ。ぷはー。
こくぶさんも一服だけ、一服だけなら大丈夫にゃ。
大丈夫だから、どうぞにゃ。

すわんすわん

けむりん。
その一本にどれだけ禁煙者が困るか分かってくださいにゃ。
さてさて、禁煙10日目の体験談をじっくり読ませてもらいますにゃ。

 

禁煙10日目の身体的依存と心理的依存について

禁煙開始から10日経過してもタバコが吸いたい理由

禁煙してすぐにタバコを吸いたくなるのはすぐに理解できると思います。

なぜなら、今の今まで、1時間毎に吸っていたタバコを吸いたくなるのは、言わば、食事の時間になったら、普通に食事を取りたくなるのとそう変わりありません。

ですが、食事と違って、タバコは体に不必要なものです。だからこそ、あなたも私も、タバコをやめて10日間が経過しても、死に至るほどの苦しみを感じることはありませんでした。

まぁ、初日から3日目くらいの離脱症状は、死に至る苦しみに近いのではないか?と私は思いましたけど、それでも、あなたも私もそれを乗り越えました。

でも、なんだかんだで、禁煙開始から10日も経過したにも関わらず、今でも、あなたも私も「タバコを吸いたい」とふと思ってしまうのはなぜでしょうか?

この禁煙開始から10日もたった今でさえ「タバコを吸いたい」と感じる理由としては、タバコの身体的依存と心理的依存を知ることでより理解できると思いますので、その2つについてこれから説明させていただきます。

禁煙とタバコの身体的依存について

まず、タバコの身体的依存とはどういうものかお分かりでしょうか?

「タバコをやめたくてもやめることができないのは、依存症だからである。」という言葉は耳にタコができるくらい聞いたことあるでしょう。

では、依存症になった場合、あなたの体や心とタバコはどういう関係にあるのでしょうか?タバコをやめたらどういう身体的変化が出て、どういう心理的変化が起こるのでしょうか?

ただし、体と心は線を引いて、ここからここまでとはっきり分けることは、実際は難しいです。なぜなら、体と心はお互いに密接に関係しあっているものだからです。

ここでは、一般的に言われているタバコと身体的依存、心理的依存を参考に私が考えるタバコとそれぞれの依存について説明させていただきます。

例えば、タバコを吸っていた時、あなたの体でどういう変化が起きていたかというと・・・

タバコを吸うと、ニコチンが口の粘膜や肺から吸収され、脳のアセチルコリン受容体という部分に届き、その結果、ドーパミンという快楽物質が放出されます。だから、あなたは、タバコを吸った時に、気持ちいいと感じていました。また、そのドーパミンが出過ぎるのを防ぐために、セロトニンという物質が放出されます。だから、あなたはタバコを吸うと落ち着くと感じていました。

口から肺、肺から脳へのニコチンの流れの画像です。

タバコの身体的依存とは、その言葉どおり、あなたの「体」が「タバコ」なしでは、生きていけない状態になっていることをいいます。

具体的には・・・

・タバコを約1時間とか2時間おきに吸わないとイライラする。
・タバコを吸わないと普通の行動ができない。
・タバコを吸わないと日常生活に支障をきたす。

ようなことを指します。

結果、タバコをやめたあなたも私も次の離脱症状のいずれかもしくは違う症状を体験したかと思います。

・イライラする
・不安(うつ)
・眠気
・だるい。
・喉が痛い。
・痰が出る。
・・・・

ですが、こういった身体的依存からの離脱症状は、禁煙から10日も経過すると、ほとんどがなくなっていきます。

私は、過度のニコチン依存だったようで、次の章でも書きますが、まだ多少離脱症状が残っていますが、やっぱりそんな私でもだいぶ軽くなってきたように感じます。

あなたも私も、禁煙開始から10日も経過して、ニコチンが完全に体から出ていってしまい、ニコチンによる身体的依存の症状も軽くなりました。

それでも、あなたも私も「タバコを吸いたい」とついつい思ってしまいます。これはなぜなのでしょうか?

その答えは次の説で説明するタバコと心理的依存に関係しています。

禁煙とタバコの心理的依存について

あなたはタバコにどのような思い出をお持ちでしょうか?

タバコって1時間に一本とかのペースで吸われていた人が多いゆえに、嬉しい時も、怒った時も、悲しい時も、楽しい時も一緒にそこにあったイメージが強くないですか?

だからか、

・食事を取って、「ちょっと食べすぎちゃったー」はい、タバコとか。
・「もうまじ、あいつムカつくんだけど、ちょっと」はい、タバコとか。
・「よっしゃー、やったー、ここまで終わったー」はい、たばことか。
・・・・

あらゆるタイミングであなたは、長い間、タバコと一緒に暮らしてきました。

だからこそ、

・その何気ない一時にタバコを求めてしまう。
・ないとちょっと気持ちが落ち込んでしまう。
・もう吸えないと思うと、なんとなく切なくなってしまう
・ちょっとだけタバコを吸っても大丈夫なのではないかと思ってしまう。

こういう状態になっていませんか?

心理的依存とは、依存の種類であり、特定の薬物使用または行動を止めた際に、感情・動機的な離脱症状(たとえば不快感、喜びの喪失、不安など) が引き起こされている状況


依存症のイメージ画像です。

では、この状態に陥った場合、私たちはどうすればいいのでしょうか?

私なりに気をつけていることを次の章から書いていきます。次の章は、禁煙10日目、11日目、12日目の具体的な離脱症状と体調変化、3章で、私が思う禁煙における心理的依存への対処方法をまとめています。

けむりんけむりん

タ、タバコってやっぱりすごいものだにゃ。

だから、みんなやめないでいいにゃ。

吸って吸って楽しんで、難しく考えないで吸っちゃえばいいにゃ。

すわんすわん

いやいや、そこでなぜ、怖すぎてタバコをやめようかと考えないのですにゃ?
けむりんの思考はある意味ぶっ飛んでいて、すごく面白くもありますにゃ。
でも、私は、タバコはやめた方がいいと思っているですにゃ。
さて、こくぶさんは、どういう体験をしたか楽しみですにゃ。

禁煙10日目、11日目、12日目の離脱症状と体調変化について

禁煙10日目に離脱症状と体調変化

禁煙10日目の離脱症状ですが、やっぱり少し喉が痛く、咳が出ますし、痰も少し出ています。

これらの症状は、禁煙開始の翌日からずっと続いていて、確かに、始めよりは落ち着いてきたとは感じていますが、それでもまだ治らないのが少し怖いです。

また、朝、きりっと目が覚めなくなったなーとも感じます。朝、起きたら、とりあえずタバコを吸って、「よし、やろう!」と思っていた、そのスイッチがなくなってしまった感覚はあります。

禁煙10日目はこれまでよりも口寂しさが強くて、ガムとか飴をひたすら口に入れていたように思います。これこそ、まさに、心理的依存ドンピシャですね。「なんとなくそれがないと寂しい」まさに、この感情ですね。

禁煙10日目の離脱症状と体調変化は以上です。

禁煙11日目の離脱症状と体調変化

禁煙11日目、12日目の離脱症状と体調変化については、禁煙10日目とほとんど一緒ですので、すごく簡単に書きますね。

定番になっていますが、朝起きての喉の痛み、咳、痰が絡まった感じは、少しずつ改善されていますが、まだ残っています。また、朝、何となくですが、爽やかに目が覚めません。ただ、この状態にも慣れてきたのもあり、なんかあまり気にならないようになりました。

禁煙11日目は、ちょっと朝バタバタしていて、11:30まで、ニコチンパッチを貼るのを忘れていました。この時のことを後から振り返ると、ニコチンパッチを貼らないでも、バタバタしている状態なら、あまり気になりませんでしたので、ニコチンパッチをやめる時の自信に繋がりました。

禁煙11日目の離脱症状と体調変化は以上です。

禁煙12日目の離脱症状と体調変化

禁煙12日目の大きな変化は、

・これまでのような喉の痛み、咳、痰の絡まりがほとんど気にならなくなったことです。

「よっしゃー、やっと来たぜー」
と思いました。

この日は親戚の家にお出かけしましたが、話している最中に口寂しくなり、電子タバコ(VITAFUL)をかなり長い時間口に置いていた気がします。

親戚のおじさん、おばさんも昔タバコを吸っていたからかもしれませんが、「全然、臭いが気にならない」と言っていたので、飲み会中にタバコを吸いたくなるような時には利用できるなと思いました。

⇒⇒ VITAFUL購入はこちらから♪

禁煙12日目に一番嬉しかったことは、やっぱり、朝起きての喉の痛み、咳、痰の絡まりがほとんど消えて気にならなかったことです。(少しはありますw)

禁煙12日目の離脱症状、体調変化は以上です。

けむりんけむりん

だーかーらーにゃー。
タバコをやめなかったら、のどの痛みも何もなかったのににゃ。
これを吸ったら、きっぱり消えるからどうぞにゃ。

すわんすわん

いやいや、ここまで来たこくぶさんがそのタバコを受け取るとはとても考えられないにゃ。
そこでタバコを一本勧めるけむりんの顔はもはや悪魔以外何者でもないにゃ笑

禁煙10日目前後のタバコへの心理的依存の解消方法について

身体的依存より怖い心理的依存ってどんなもの?

タバコに限らず、何に対して依存症になったとしても、身体的依存も心理的依存もめちゃくちゃ怖いというか、やっかいなものです。

なぜなら、自分の意思とは関係なく、それをやめることができないように、心や体が作用するからです。

ただし、こと、禁煙について考えるとして、禁煙10日目になって、怖いのは、やっぱり身体的依存より、心理的依存の方だと思います。

先ほども軽く説明しましたが、心理的依存というのは、あなたの心がタバコに依存していて、あなたの意思とは無意識にタバコから離れなくなってしまっている状態です。

例えば、

・何てことはなく、ふとした瞬間にタバコを吸いたいと思ってしまう。
・タバコを吸ったら、すっごく気持ちいいような感覚を抱いてしまう。
・イラッとしたら条件反射のようにタバコって思ってしまう。
・落ち込んだら、気分をあげようとタバコって思ってしまう。
・・・

このような感情、今のあなたは感じることはありませんか?

例えば、あなたが失恋した場合ってどうしてる?

片思いも含めれば、人生において、失恋を経験したことのない人はそうはいないと思います。失恋においては、あなたもご存知のように、その人を想う期間が長ければ、長いほど、失恋の傷が癒えるのには時間がかかります。

失恋してすぐは、その人がいない、会えないだけで、病気のようになっていたことでしょう。ショックすぎて、酒に溺れた人もいるでしょう。でも、時間が経つにつれ、その相手がいなくても、普通に生きていけるようになります。
(⇒ 参考 : 禁煙8日目、9日目の症状と変化!時しか全てを解決してくれないけど

でも、ふとした瞬間に、きっとあなたはその人を思い出す日々が続くことでしょう。

それって、禁煙10日目の今、タバコをふと吸いたくなるあなたに似ていませんか?

オススメは電子タバコ(VITAFUL)をある時期まで吸うことです。

私は、このブログで、ニコチンパッチと電子タバコ(VITAFUL)をどちらも利用することをオススメしています。ですが、タバコの心理的依存の解消には、電子タバコ(VITAFUL)をオススメします。

・ふとした瞬間にタバコを吸いたくなりますよね?⇒ 電子タバコ(VITAFUL)を口にすればよくないですか?
・イラッとしてタバコを吸いたくなりますよね?⇒ 電子タバコ(VITAFUL)を口にすればよくないですか?
・落ち込んでタバコがすいたくなることありますよね?⇒ 電子タバコ(VITAFUL)を口にすればよくないですか?

失恋において、その相手がいなくても、いつの間にか傷が癒えて、気にならなくなる日は来ます。それと同じように、電子タバコ(VITAFUL)がなくても、あなたは、きっといつかタバコのことが気にならない日が来ます。

「そこまでして電子タバコ(VITAFUL)を勧めて、電子タバコ(VITAFUL)をたくさんの人に売って儲けたいのか?」と思われますか?
そのとおりです。私は慈善事業でこのブログを運営しているわけではありません。

ですが、少し考えてみて下さい。

失恋した場合、あなたは、その相手に連絡を取れなくなる場合がほとんどです。連絡を取れても、今までのような甘い会話はできないでしょう。あなたが望むようにはならないのです。

ですが、タバコはどうでしょう?

あなたの意思でいくらでも吸えるじゃないですか?ちょっとコンビニに行けば普通に買えますよね?

だから、やっぱり、私は、意思が弱くて、根性もないので、タバコが吸いたくなった時は、今は、電子タバコ(VITAFUL)に頼るようにしています。ニコチンもタールも入っていないので、あまり気にしせず、スパスパやっていますよ。


⇒⇒ VITAFUL購入はこちらから♪



今回の記事は以上です。

けむりんけむりん

だーかーらーにゃー
電子タバコ(VITAFUL)依存になるより、タバコ吸うほうがいいにゃって。

すわんすわん

けむりん、何がいいのか分かりませんにゃ。
タバコはニコチンもタールも含んでいますが、電子タバコ(VITAFUL)はそういうのないですにゃ。
電子タバコ(VITAFUL)に発がん性があるとも聞いたことないですし、電子タバコ(VITAFUL)の受動喫煙問題とかも聞いたことないですにゃ

まとめ

禁煙開始から10日経過しても、タバコを吸いたいと感じると思いますが、その原因についてまとめました。

禁煙10日目、11日目、12日目の離脱症状と体調変化をまとめました。

禁煙開始10日目でも残る心理的依存を解消する方法について私見を述べさせていただきました。

この記事があなたの健康のお役に立てれば嬉しく思います♪