おはようございます^^

このブログって禁煙体験記なのに、ブログ開設してから、ここまでは喫煙してきました。

理由はそんな大したことでもなくて、ただ、単純に禁煙する心の準備ができていなかったことと、タバコがあったからです笑

先月、30個、つまり3カートンタバコを買って、それが昨日でちょうどなくなりました。

さて、いよいよ、禁煙スタートです。

今日からは、禁煙の体験記という風に書いていきますね。

リアルな心情を書いてみますので、ざひ参考にしてみてくださいね☆

 

禁煙初日朝は思っていたより・・・

私は、今まで3,4回禁煙にチャレンジしてきたんですけど、毎回失敗してきました。

その原因の1つが朝起きた時の、体がタバコを求める感覚です。

これがニコチン依存症と呼ばれるものなんでしょうけど、その感覚がものすごく強かったんですね。

で、その一本目だけがめちゃくちゃ美味しいなって思ってきたんです。

その後のタバコは、なんか惰性で吸っているなって感覚がとても強かったんですけどね。

朝起きて一本目のタバコだけは、ホントタバコ美味しいなって思っていたんですよ。

だから、初日の朝だけは、めちゃくちゃきついと思っていました。

「我慢」しないといけないと思っていました。

私は、とても弱いので、「我慢」は続けることができません。

「我慢」は続けれない、その自信があります。

だから、禁煙も、きりっと「我慢」するんじゃなくて、もっとこう自然にできていけたら、できるんだけどなーって思っていました。

でも、今まで続けていた習慣を変えていくってことは、どこかで「我慢」も必要だと思いますし・・・

今も、この考え方はまとまっていなくて、どうすればいいんだろうなっては思っているんですけどね~

あ、そして、昨日の寝る前に最後の一本を吸ったんですけど、朝の感想は思ったより、楽でした^^

今まで禁煙を続けれなかった最初の難関はクリアしました。

禁煙開始朝希少から2時間禁断症状

で、朝は思ったより楽だなぁ、これは自然にいけるかなって思っていたんですけど、体が少しつらくなってきました。

あ、そうそう、禁煙する時の最初の3日くらいは、朝起きてまず、歯を磨く方がいいと思いますよ。

タバコを吸っている人なら分かると思いますが、朝起きてすぐって何か口の中変な感じしませんか?

その感覚を消すために、タバコを吸っている人もいますよね。

あの変な感覚を消すために、タバコを吸うことができないので、歯を磨くといいと思います。

そうすると、思っていた以上に簡単にあの感覚は消えてしまいます笑

ただ、先ほども言いましたけど、いつも私4時くらいに起きているのですが、今6時くらいで、なんというか、こうシャキッとしない感覚が強いですね。

これが禁断症状の1つですw

前回は1週間ほど禁煙をしたのですが、その時の最初の3日は地獄でした。

もう、本当に地獄という表現しか当てはまらないくらい・・・

タバコのことしか頭にない3日でした。

それが嫌だなって思っていたのですが、まぁ、さっそく私の体が、習慣を変えることへの抵抗をしているようですね。

そりゃぁ、26年もずっと体に取り入れてきたものがなくなるっておかしいですよね。

とても変な感覚ですよね。

禁煙初日の禁断症状として、ここまでは、

・呼吸が浅くなる。

・息苦しい感じがする。

・頭がボーっとする感覚。

・体がシャキッとしない感覚

こんな感じですね。

これらがどれくらいの時間をかけてなくなっていくのか、はたまた、なくならないのか?

その辺も感じてみますね。

あと、まだ初日なので、あまりこれは書きたくなかったのですが、

・臭いの感覚が今までより強く感じるようになった?

・水の味がする?

なんか、この2つは曖昧な感覚なので、まだはっきりと分かってきたら書いてみようと思います。

禁煙とタバコに感謝

昨日、最後のタバコだって思いながらずっとタバコを吸いながら、これまでを振り返ってみた。

もともと私は、真面目な学生だったのですが、タバコを吸うことによって仲間意識を周りから持ってもらった気がします。

口下手でしたので、自分の感情を表現するのがとても下手だったのですが、中学生の成績はそれなりによかった私が喫煙することで、なんか周りに認めてもらえたって感じ?

まぁ、変な感覚でしたけどね。

それと、あと、なんか隠れてコソッと悪いことしてるのが気持ちよかったような気がしました。

タバコ自体を美味しいとかまずいとか感じたことは、あまり記憶がありません。

私は、コーヒーをあまり飲まないので、コーヒーとタバコって感覚は分かりませんが、よく徹夜とかで仕事をした時には、リポビタンDとタバコがセットでした。

最近まで、このリポビタンDとタバコにはお世話になりました。

あと、喫煙することで仲良くなるきっかけになった人も多いです。

それと、なんというか、仕事の終わりでホッと一息つく時のタバコが最高でした。

朝起きてすぐの一本と仕事終わった後の一本、たまに油ものを食べる時の一本、これだけを吸って我慢できるのであれば、僕はタバコを辞めることはありませんでした。

なんか、タバコを辞める人って、何でもかんでもタバコは害だ、悪魔だムッキー、絶対やめるって人いますけど、

僕は実際そうは思いません。

タバコには、いいところもありますよ。

え?だって、そうだから今まで吸ってきたんじゃないんですか?

リラックス効果とか絶対あります。

まぁ、それは、別にタバコじゃなくてもいいんですけどね笑

例えば、私は、今日でタバコを辞めました。

で、今後、仕事が終わってリラックスする時間に、毎日、何かをしたら、私の体はそのことをやることでリラックスするようになります笑

どうも、人間の体ってそういうものみたいです。

あ、話逸れましたが、私はタバコにとても感謝しています。

今までの私を支えてくれたことにとても感謝しています。

ただ、なぜか知らないのですが、私の体は、禁煙を意識しだしたからかどうかは分かりませんが、痰が出やすくなってしまったり、タバコがまずいって思うようになってしまったり・・・

そうなってしまったので、タバコに関しては、ホントに今までありがとうって気持ちでいっぱいですが、ここでお別れしようと思います。

というわけで、今日はここまでにしておきます。

たぶん、土曜日くらいまでは、冷静な感情でブログを書くことが難しいと思いますので、失礼があったら、お許し下さい。

明日は、また、今日これからの感情と明日の朝の感情を記録してみたいと思います。

あと、この禁煙を始めるにあたって、私が気をつけていることを書いてみたいと思います。

もし、興味があれば、明日もよろしくお願いします。

まとめ

禁煙開始初日の感情などをまとめました。

初日の朝は、歯みがきをすることで、口の中の変な感覚はとれました。

初日の禁断症状としては、シャキッとした感覚がないこと、息苦しいように感じることです。