例えば、仕事でイライラしてしまった時、

例えば、恋人に嫌なことを言われてしまった時、

例えば、大切な人を失ったとき、

そういう人生で味わいたくない時が、禁煙中にも必ず訪れます。

今回、私は、仕事において、少しストレスが溜まりすぎる日々をすごしていました。

禁煙は20日続いていて、順調でした。

私は、禁煙だけでなく、ダイエットもやっていて、周りから見るとストイックと呼ばれるような生活をやっていました。

タバコだけではなくて、タバコを誘発するようなお酒自体も辞めていました。

でも、自分でも感じていましたが、我慢しすぎていたようです。

我慢することを完全否定はしません。

例えば、禁煙もそうですが、新しく何かを始める時は、それが体にしみつくまでは、我慢することも必要だと思います。

でも・・・

うーん、個人的には、やっぱり我慢は長続きしないなって思いました。

あなたは・・・禁煙・・・我慢してやっていませんか?

 

禁煙体験を書くつもりがタバコを吸ってしまった!

ちょっと回りくどくなりましたが、結局、ストレスがたまって、どうすればこれをすっきりできるかって考えた時、お酒を飲んで、タバコを吸ってみようって思ったので、吸いました。

個人的には、1箱だけ吸って辞めようと思っていました。

冒頭でも書きましたが、自分は我慢してタバコを吸っていない状態って好きではないのです。

なんというか、、、

別に苦労している自分に酔うのは好きではありません。

「俺はこんだけ苦労しているんだ、すごいだろう??」

って言う人をみると吐き気がします。

そういうのではなくて、もっとこう理論的に、しっかりと目的と目標をもって禁煙を成功させようと思っていました。

でも、なんだかんだで吸ってしまったんですよ・゜・(ノД`)・゜・

肺に煙が入らないΣ(・ω・;|||むせるってこんな感覚

21日目にしてタバコを吸った感覚としては、

「むせるってこういう感覚だったんだΣ(・ω・;|||」

でした笑

前は、タバコを吸った時に、なんかこう、すーーって感覚?

なんかすっきりした感覚があったのに、まったく感じません。

体が入ってくるなって言ってるようにも感じました。

2本目。

全然ダメなんです(´Д⊂モウダメポ

体が気持ちよくない。

ちょっと寂しくなりました。

前は、タバコを吸った時に、すっごく安心感みたいなものを感じたような、、、、

タバコを吸った時に、落ち着いた感覚みたいなものがあったのに・・・

もう二度とあの体験をすることはできないの??

って思うと、ホント悲しくなりました。

10本目くらいで・・・

でも、人間の体って不思議なもんで、10本目を吸った後くらいですかね、あれ?肺に入るぞって思いました。

昔みたいな美味しさはないです。

いろいろ試しました。

油物を食べた後、コーヒーと一緒に、あえて我慢した後に、、

でも、なんか違う・・・

あれ?そもそもタバコってそんな美味しいものだったっけ???

いや、今、タバコを吸おうと思っているあなたに対して、だからやめたほうがいいよってそんなお話をしたいわけではないんです。

単純に自分が思った感想です。

でも、すごいのは・・

タバコの依存性です。

1箱で普通にやめようと思っていました。

そして、美味しくもなかったので、もういいやって気持ちでした。

でも、1箱なくなると・・・

もう1本吸いたくなったんですヽ(;゚д゚)ノ

これ、すごい不思議でした。

今まで禁煙してきても、タバコってすっごく美味しいもので、だから吸いたくなるんだって思ってました。

気分がすっきりするから体が求めるんだと思ってました。

でも、今の私の状態は違うんです。

まったく美味しいなんて感じない。

でも、体が求めている・・・

あれ?あれ?

禁煙中に喫煙して感じたこと!

結局、その週は、1箱で辞めました。

でも、仕事のストレスは消えませせんでした。

人間って不思議なもんで、一つのストレスを抱えると、他のことも気になります。

ストレスがストレスを呼ぶ感じで、なんかその週も週末にタバコとお酒を買ってしまいました。

1週間間を開けたくらいだと

体にすーーっと煙が入って行きました。

今度はむせませんでした。

21日開けたあとに、タバコを吸うと頭がぼーーっとして、
ホントふらふらするような感覚でしたが、1週間くらいの禁煙だとそこまでなかったです。

そして、この時は、結局連休だったこともあって、4日間タバコを吸い続けました。

で、タバコの快感は復活したのか?

これが不思議なもので、昔タバコを吸って快感を感じていたのかすら疑問に思ってきました。

タバコのメカニズムって、けっこう自分なりにちゃんと調べて、ニコチンが快感を感じる神経伝達物質の代わりをして、
そこでニコチンが体内に入ると快感を感じるようなのですが、これがなくなってました。

そもそも、本当にタバコを吸って、落ち着く感覚とかあったのだろうか?

それって単純に、精神的に不安定で、その緊張感から解き放たれた時に、ほっとしてただけで、
タバコとかニコチンとか必要なかったんじゃないのかな?

って勝手に自分で想像しました。

でも、やめようやめようって思ってもやめれなかった4日間でした。

禁煙ってこんなに苦しかったのか?

それを感じたのが、先週の水曜日、木曜日、金曜日でした。

私の場合は、禁煙のスタートは、仕事の時の方がいいと思っています。

というのは、私は弱い人間なので、家だとなんだかんだで吸ってしまうからです。

特に、禁煙で一番苦しいのは、3日間だとこれまでの経験で分かっているからです。

ただ、先週の水曜日、木曜日、金曜日は本当に周りの人に迷惑をかけました。

ずーーーっとイライラしていました。

本当に八つ当たりもひどかったです。

タバコが吸いたいとかってよりも、このいらいらをどうにかしてくれって感じの気持ちでした。

ずっとガムを噛んでいました。

でも、また週末になるとタバコを買いました。

そして今から禁煙をスタートします。

こんな私が禁煙をできたら、あなたもできると思いませんか?

今度はしばらくうまくいきそうです。

というのは、ストレスを解消することができるのは、タバコでもお酒でもないってことをしっかりと理解できたからです。

結局、ストレスとか不安っていうのは、根本的なものを改善しないとなんにも変わらないってことがわかりました。

それと・・・

もうひとつの大きな事実は、、、

タバコは美味しくないってことを感じてしまったことです。

でも、それでも、今、ああ、もう一本吸いたいなぁって思うんですよ。

タバコってなんか初めてこう、怖いなって思うようになりました。

禁煙中にタバコが吸いたくなったら・・・

いろんな禁煙本とか禁煙グッズとかあって、禁煙中に吸いたくなったら・・・

って言われていますが、個人的には、吸ってみるのもありだと思いました。

人って辞めろと言われればやりたくなるものでしょう?

あなたもそういう経験ありませんか?

特に楽しくないことでも、先生とか大人に、それをやっちゃダメって言われるからしたくなることって。

それって別に他人だけじゃなくて、自分に対してもそうかなって思うんですよね。

自分で、これはやっちゃいけないって思ってることってやりたくなりませんか?

なんというか、それって意識してる時点でアウトだと思うんですよね。

もちろん、何事でも最初の21日くらい我慢すれば、自然と体が慣れていくって考え方は自分も賛成です。

ただ、その過程が、地獄のような日々だった場合、それって習慣になるのかな??って思います。

私が感じた体の変化。

まぁ、あなたがどういう考え方の人であれば、禁煙をしようと決めています。

21日続けて、喫煙してみた感想を言うと、やっぱりタバコって体に悪いっすわ。

私は、病気になったからタバコをやめたわけでもなく、好きな人にやめろと言われて辞めたわけでもないんです。

この先も何かの目的のために禁煙をするつもりはありません。

我慢するつもりがないので、特にそういったご褒美的なものはいらないというか・・

このへんはもう少しちゃんとした言葉でお伝えできるようになったら書きますね。

ただ、21日間タバコをやめて、ここ3週間、週末だけすってみて感じたことは、

・痰がひどい。

・タバコを辞める時に、ホントイライラする。

・眠気がとれない(夏の暑さのせいもあるのか?)

・喉の調子がすっごく悪い。

・舌に出来物ができた。

・タバコを吸っても美味しくないからイライラする。

・それなのに、タバコを吸いたくなる自分に対して、さらにイライラする。

こんなところです。

精神的な事情とタバコは密接に関わっていますが、そのへんはあれこれ言わずとも、

喉の調子、口の中の調子は恐ろしく悪くなることを実感しました。

もう少しタバコのメカニズムを勉強してみよう(`・ω・´)

これ、思いました。

だってすごいんですよ。

美味しくないのに食べたくなるものってありますか?

そんなにはないですよね?

私、わさび、コーヒー、ピーマン、唐辛子とか嫌いなんですが、別に食べたくなることってないんですよ。

でも、今回、タバコを吸って、美味しいって一度も思ってないのに、吸いたくなるんです。

気持ちいいって一回も思っていないのに、また吸いたいって今思っているんです。

すごいですよね、ニコチン、恐るべし!

今回の経験を通して、タバコを吸いたい時に吸って、通常は禁煙していようって計画はやめることにしました。

理由は、タバコってそんな思っているほど、甘く自己コントロールができるものではないって思ったこと。

そして、、、たまに吸っても全然美味しくないし、ストレス発散というよりもストレスを溜める元に変わってしまったということです。

うーん、タバコって26年間吸い続けていたから、感動する場面にも、安心する場面にも、そういう感情が動く場面に一緒にいた?から、

たまたまそう思い込んでいるだけで、本当はタバコって美味しいものではないのかもしれません

すっごくきつい仕事が終わって、ほっと一息ついて落ち着くのは、タバコがあるなし関係ないのかもしれません。

今の私には、そのへんの科学的なことは、はっきりとは言えませんが、

もしかしたら、ニコチン中毒って・・・

なんて言うんだろう・・・

それこそ、生活習慣病と呼ぶべきものかもしれませんね~

今日はこのへんで♪

何かしらあなたのお役に立てましたら嬉しいです♪

まとめ

禁煙中にタバコを吸ってしまった経験を書きました。

けっこうリアルな感情を並べたつもりです。

ですが、だからこそ、まとまりに少しかけるところもありました。

次回からはもっと読みやすく、簡潔にを心がけます(`・ω・´)