2017年、絶対禁煙をしようと思いたちながら約半年が過ぎた。

経過としては、約20日間禁煙をさせ、満足してタバコに火をつける。

その後、1週間くらい禁煙をする。

ストレスがたまって、また吸う。

1週間ならできるなって確信は持てたけど、ストレスがたまって、その時にどうしてもタバコがないと苦しくなるってことが分かった。

今回、再び挑戦してみようと思ったのは、タバコを吸う時に記録をつけてみたが、

自分自身、タバコを美味しいと思っていないということ、

タバコにかけるお金がとても大きく、年間10万円を超える。

その価値がタバコにあるとは思わなくなった。

ただ、本当に辞めることができるかは疑問だ。

今、1本吸ってみた感想としては、

味は全然美味しくない。

でも、タバコがないと口の中がしびれた感覚になる。

朝起きて、口の中がネバネバしてとても変な感覚になる。

1本吸うと体が落ち着きを取り戻す。

というか、これを書いていて思ったのは、自分の体はタバコに侵されている^_^;

であれば、それを辞めるしかない。

とりあえず残り8本あるので、その一本一本の感想を今日メモして、ここに残して置こうと思う。