今振り返ってみたところ、このブログのはじめての記事を書いたのが2017年6月1日でした。

そこから禁煙について自分なりに考えて、
いろんな本を読み漁り、20日間の禁煙に成功しました。

でも、本当にタバコって体に悪いのか?

そもそもこんなに我慢していることの方が体に悪いのではないだろうか?

という気持ちもあり、試しに一本吸って見ようと思って、吸ってみました。

くっそまずかった記憶があります。

でも、あら不思議!!

せっかく1箱買ったんだがからと20本目を吸った頃には、もう一本だけ吸いたいって気持ちになりました。

タバコって不思議ですよね。

あなたはなぜタバコを吸っていますか?

なぜ禁煙をしようと思っていますか?

今回は、私の禁煙の失敗談についてまとめてみました。

 

禁煙に失敗した経緯

ひたすら我慢したら3日で失敗

私の人生で禁煙をしようと思ったことは数知れずあります。

でも、本格的にやったのは3回だと思います。

まず、1回目は、あなたもありませんか?

お正月に今年の目標を決めるじゃないですか?

あれで、禁煙をしてそのお金を貯金しようと考えたときです。

私は、1日にだいたい1箱(20本)のタバコを吸っていますので、
今吸っているタバコの金額は、1日あたり440円です。

ということは、1ヶ月で、13200円になります。

1年で約15万円貯まる計算になります。

そう考えると、あぁ、15万円か、よし、やろうって思って普通に辞めました。

ですが・・・

実際、あなたも禁煙にチャレンジした経験もあると思いますが・・・

禁煙後1日目は地獄です。

もうイライラどころの話ではありません。

私はかなり若い頃からタバコを吸い始めたので、約20数年はタバコとともに生きてきたのです。

無理!!!

そう思って、禁煙をはじめて次の日にはタバコを吸ってしまったのです。

15万円どころか、440円の貯金すらできなかったわけですが、
思うに、

我慢しようとすると無性にタバコが吸いたくなってしまうということが分かりました。

禁煙外来で1週間禁煙したけど吸ってしまった

次の失敗は、おそらくタバコの値段が大きく上がった時から数年後のことでした。

やはりこの時も目的は、お金が勿体無いと思ったことと若い時ほど、タバコへの快感が減ってきたなぁと思ったからです。

次は禁煙外来に行ってみました。

禁煙外来の体験談はかなり時間がかかりそうなので、
どこかでじっくりとお話するとして、
簡単に結果だけをお伝えしますと・・・

1週間だけ禁煙に成功しました。

おそらく禁煙外来に最後まで通院していたら、禁煙に成功していたかもしれません。

ただ、この時、私には禁煙外来で処方してくださる薬が体にあいませんでした。

タバコを吸った時の快感は、ニコチンが脳に作用して、ドーパミンを出すことで興奮作用を生み、
そのドーパミンを抑えるために、セロトニンという物質が出るので、落ち着いた感覚を得ることらしいです。

それで、禁煙外来で処方してくださった薬は、タバコが美味しくなくなる薬だったのですが、
まぁ、副作用がダメでした。

それと、この時、1週間禁煙をして、昨年は20日間ほど禁煙をしましたが、
本当に苦しいのは3日間だけです。

それくらいで体が慣れてきて、あぁ、もうタバコなしでも大丈夫だって感覚になっていきます。

ただし、そこで、タバコの怖さというか、面白さというのは、
なら、一本吸っても大丈夫じゃね??って思ってしまったところです。

おそらく、喫煙習慣のある人なら、タバコの気持ちよさもあるでしょうが、
リラックスした時に吸う人も多いでしょう。

リラックスする時のタバコがないとなんか本当に自分が今ゆっくりできているのか
分からなくなってしまった感覚におちいりました。

まぁ、ということでこの時も1週間で禁煙に失敗しました。

健康とお金を考えて20日間禁煙成功したが・・・

最後は20日間禁煙をして、失敗したお話になります。

2017年は、私の中では、健康について深く考える年でした。

理由は、かなりの肥満になってしまったからです。

そこからダイエットをはじめました。

ダイエットを成功して、順調に体重が減っていった時に、他の健康についても自然と調べるようになりました。

体の歪み、運動習慣、睡眠、姿勢、呼吸法、・・・・

その中で自然とタバコは体に悪いってことにもたどり着きます。

ダイエットがうまくいっていましたので、禁煙も余裕で成功するだろうと思いました。

それで禁煙にチャレンジしましたが、思ったよりうまくいきました。

20日間禁煙ができました。

途中で書きましたが、禁煙で体が苦しくて苦しくてたまらないのは、3日間程度です。

さすがに20日もすると、タバコを吸わないことにも慣れていました。

でも、でも、でも

なぜか一本吸ってしまいました。

理由は、すごくイライラする事が起きたからです。

今まで仕事などでイライラする事が起きた場合、とりあえずタバコを吸って気持ちを落ち着けてから行動するようにしていました。

その感覚が蘇ってしまいました。

20日吸っていなかったので、さすがに1本めはなんだこれって思いました。

いつもタバコを吸ってすっきりする感覚がまったくありませんでした。

その一本目の違和感で捨ててしまえば、今でも禁煙が続いていたと思います。

さすがに20日も禁煙してしまえば、タバコを吸わない快感も感じていたのです。

でも、私は、、とりあえずもったいないから20本は吸ってしまってまた辞めればいいやって思いました。

タバコの会社はうまくタバコを作っているものだなぁって思ったのはこの時です。

20日ぶりに1本目を吸っても、特に次の一本が吸いたいわけではなかったんです。

禁煙に失敗したやつの意見ですから、信じてもらえなくてもいいのですが、

たぶん、あなたも人生ではじめてタバコを吸ったときって次の一本を吸いたい感覚ってなかったんではないでしょうか?

あの感覚でした。

でも、もったいないからってとりあえず適当な時間をあけながら吸っていきました。

すると・・・

20本目を吸う頃には、次の一本が吸いたくなったんですw

このブログの更新ができなくなった理由もそこからです。

そもそも自分の人生にタバコがないなんてやっぱり考えられないって思うようになりました。

ただ、20日辞めた経験はけっこう私にとって大きな経験になりました。

本当に辛いのが3日だって思うと、3日くらいは普通に我慢できます。

ただし・・・

3日辞めて吸ってしまうと、頭がくらっとして、腰がくだけてしまうような状態になります。

こんなにタバコって体に悪いんだって思いますが、どうじに気持ちいいんです。

そんなこんなをここ半年以上繰り返していました。

で、そんなお前がいまさら禁煙について語るのかって思われるかもしれませんが、

もしも、あなたが私と同じように、タバコを辞めるのなんて簡単だよって思いつつ、辞めれないような人種の人なら、

あなたよりさらに意思が弱っちい人間が本当に禁煙できるのか興味ありませんか?

このブログをはじめた理由は、禁煙に成功していく体験談を通して、禁煙ってこんなに素晴らしいものだよっていうことを証明するためでした。

でも、私は考え方を変えました。

人は弱い。

でも、弱いからこそチャレンジしたい。

それが成功しようと失敗しようと、その体験談は誰かの役に立てるのかもしれない。

なので・・・

今後は、禁煙に失敗しようと成功しようとそのリアルな状況を書いていきたいと思います。

次回は、私の禁煙の目的について書いてみようと思います。

私は、別に長生きしようという気持ちはあまりありません。

どちらかと言えば、太く短くを選択してきました。

こんなにもタバコが大好きな私が禁煙する大きな理由は、、、

魔女狩りムカつくって思うからです。

では、よろしければ次回もよろしくお願いします。

まとめ

これまでの禁煙の失敗から言えること。

・我慢して禁煙しても、意思が弱い人は普通に失敗する。