このサイトを訪問しているってことは、

あなたも禁煙を始めてみようと思いましたか?

でも、本当に禁煙って難しいですよね?

それってなぜなのでしょうか?

私が禁煙をしようと思った理由は、なんか昔みたいにタバコが美味しくないな、
こんなことにお金を月に1万円以上も使うのってもったいなって思ったからでした。

世の中には、喫煙のデメリットについての書籍も禁煙がいかに素晴らしいかについての書籍もゴマンと溢れています。

でも、本当にタバコを吸うことは、そんなに悪い事だらけでメリットって1つもないのでしょうか?

本当にたまたま吸った一本だけから始まって依存症になってしまって、自分に得がないことを人が続けられるのでしょうか?

私はそう思いません。

そこで今回は人がタバコを吸う理由について私なりに考えてみました。

 

あなたがタバコを吸う理由はなんですか?

もしもタバコに害しかないなら誰も吸わないと思いませんか?

冒頭でも少し言いましたが、世の中には、禁煙をすすめる書籍が溢れており、喫煙のデメリットなんて子供でも知っているほどです。

例えば、

どこでも見かけるありふれた理由ですが、タバコを吸うことによって、

・様々な病気になる可能性が高くなる。

・余計なお金を使う。(1箱で400円としたら、月に12000円。年間14万円得をする。)

・周りに迷惑をかける。(匂いや特に健康面において)

と言われています。

もちろん、あなたも聞いたことがあるでしょうし、感じたこともあるでしょう。

だって、タバコの箱に書かれている時代ですからね笑

そして、今の世の中はタバコを吸う人を魔女狩りのように扱ってくれています。

昔は喫煙場所なんてどこにでも溢れていたのに、今では、当たり前にタバコを吸うことが困難になっています。

私の仕事場でも喫煙所はとうとう部屋の外に追い出され、今後は、もっと厳しいことになっていきそうです。

ですが・・・

こんな状況ですら、私はタバコを吸っています。

し、

あなたもタバコを吸っていますよね?

それはなぜですか?

別に私はタバコを吸うことをこのブログですすめるつもりなどありません。

最終的にタバコを辞めようと思っているのですから。

でもですよ。

先ほど言われたくらい自分にも周りにもひたすら害しかないものを辞めないってやっぱりメリットがあるからじゃないですかね?

私は禁煙を始めようと思って、このブログを立ち上げました。

なので、たくさんの禁煙本も読み漁りました。

ですが、そこに書かれてあるのは、禁煙のメリットと喫煙のデメリットばかり。

本当にそれだけで今当たり前にタバコを吸っている人が辞められるとは私は思いません。

もちろん、私と違って、意思が普通に強い人であれば、我慢をしてタバコを辞めることができるでしょう。

でも、意味不明なことを我慢し続けられるほど私はできた人間ではありません。

そこで私は、タバコについて深く知りたいと思っています。

まずは、人がタバコを吸う理由を考えてみました。

タバコを吸う事によって得られるメリット

もしかしたら、あなたには別の理由もあるかもしれませんが、私がタバコを吸うことによって得られると考えたメリットは次のことです。

・緊張した仕事の後に吸うと、ほっと一息つけてリラックスできる。

・イライラしている時に吸ったらなんか落ち着く感じがする。

・ラーメンや油ものを食べた後の一服がめちゃくちゃ美味しい。

・スポーツをしてジョギングをした後の一服が美味しい。

・朝起きて吸うタバコによって目が覚める。今日も頑張ろうって思える。

・喫煙所でタバコを吸いながらのコミュニケーションが楽しい。

・人と話している時に、タバコがあると手持ち無沙汰にならなくてすむ。

・ドキドキするようなことが起こった時に吸うとなんか落ち着く気がする。

・トイレ(大)をする時に吸うと、なんか快便につながっている感じがする。

・そもそも時間の区切りにタバコがないと落ち着かない。

・タバコを吸っている俳優がとてもかっこよく見えるから。

・タバコを辞めると太ってしまう(実際、私は太りましたw)

・禁煙しようとしても辞められないから、どうしていいかわからない。

これくらいでしょうか?

もっと人によって様々なメリットってあると思います。

結局、喫煙の目的をまとめてみると・・・

さて、ここまではタバコのメリットについて例をたくさん考えてきました。

それらをまとめてみましょう。

結局、人が喫煙をする目的ってこの3つ程度に分けられるのではないかと思います。

見た目が良い?背徳感がよい?かっこつけたい?

まず、タバコを吸い始める最初のきっかけってこういうことからではないでしょうか?

タバコを吸っている人(俳優やあこがれの人)を見てかっこいいなと思ってしまった。

もしくは、タバコを吸っている人があまりに美味しそうに吸っていたから、興味本位でって人もいるでしょう。

最近はテレビなどでも規制がかかってほとんど見かけなくなりましたが、
昔は、テレビ俳優などはがんがんタバコを吸っていました。

そういう人にあこがれたり、漫画の主人公にあこがれたりするのは、別に不思議なことでもなんでもありません。

だってCMってそのためにあるんでしょう?

あと、個人的には学生の頃にこっそりと吸っていた背徳感が快感でした。

これはいろんな考えの人がいると思いますし、現在の私はそいうことを快感とは思いません。

なんだったのかよく分かりませんが、昔は、そういうことで仲間意識が強まっているような感覚もありました。

そういう意味では、喫煙所特有のコミュニケーションがなぜかとても快感なのも背徳感の一種なのかもしれせんね。

肉体的要因からの喫煙

実際、タバコを吸うことによる身体的な変化について触れておきますと、

例えばあなたがチョコレートを好きな場合、チョコレートを食べると気持ちいい感覚になりますよね。

恋人とのセックスにも快感が伴いますよね?

運動すると気持ちいいと感じますよね?

あれは、脳がドーパミンという物質を出しているからです。

タバコを吸う事によって脳はドーパミンを放出します。

だから、タバコを吸うことは気持ちいい行為なんです。

また、ドーパミンが大量に出ることによって、そのドーパミンを抑えようとするセロトニンという物質が次に放出されます。

ドーパミンは興奮物質で、セロトニンはその抑制効果がありますから、

タバコを吸って、落ち着く感じがするのは、セロトニンが関係しているようです。

つまりがまぁ、簡単に言ってしまえば、肉体的側面において、

・緊張した後の一服が美味しく感じたり、

するのは、

脳がそういう物質を出しているのだから当然の結果です。

そして、気持ちのいいことを辞めにくいのも当然です。

だって、あなたは明日から食欲を完全に絶てますか?

明日から、さて、性欲はやーめた!

って辞められますか?

まぁ、そこまでの生理的欲求はタバコにはないので言い過ぎですが、

運動が好きな人が明日からなら、やめようってすぐに辞められますか?

おそらく緊急事態が起きた場合なら可能かもしれません。

怪我をしてジョギングできなくなったとかなら・・・

それは、タバコでも一緒じゃないですか?

例えば、あなたがタバコを吸い続けたら、確実に1年間で死ぬ。

けど、もしも禁煙できたら、10年間だけ生きられる。

という確実な条件が発生したら、おそらくほとんどの人は明日からスパッと辞めるでしょう。

どうして辞められないかって言うと、具体的な、確実な条件などないからです。

そもそもタバコを吸うことは、ドーパミンが出るから、肉体的に気持ちのいいことなのです。

その気持ちのよいことをなんとなくな漠然とした目的のために辞めることなんて・・・

普通はできなくて当然だと私は思います。

精神的側面からの喫煙

先ほど、肉体的な要因から、タバコを吸うことによる、ドーパミンとセロトニンの効果について述べました。

そういう意味では、精神的な側面から考えてもそうです。

興奮作用とリラックス効果があるので、緊張した仕事をされる方にとって、タバコを辞められないと思うのは普通のことです。

脳が実際に喫煙によってそういう作用をしているのですから、いくら我慢しようとしてもなかなかうまくいかなくて当然です。

あと、精神的側面と言えば、私のようにタバコを何かのきっかけにしている人ってかなり苦しくなってきますよね。

よし、仕事をはじめようと思ったら、タバコを吸って、

あー、やっと終わったーと思ったらタバコを吸って、

待ち合わせでタバコを吸って、

恋人とのアツいセックスが終わったらタバコを吸って、

寝る前にタバコを吸って・・・

タバコによって、時間を繋いでいる感覚なので、禁煙をする時にめちゃくちゃストレスがたまってきます。

と、ここまでタバコのメリットについてかなりたくさん書いてきましたが、
繰り返しますが、私は、喫煙を勧めているわけではありません。

まずは、タバコについてしっかりと知ったほうがいいと思っているのです。

だって、タバコに限らず、何にしても、みんなが辞めるから辞めるってダサくないですか?笑

禁煙って本当に必要なのでしょうか?

ここまででタバコを吸う理由を考え、喫煙のメリットについて書いてきました。

次は、本当に禁煙が必要なのかを考えてみましょう。

禁煙がもたらすデメリットとは!?

禁煙のメリットについては、今後、くわーーーしく書いていくこととして、他のブログにも書籍にもない、

禁煙のデメリットについて考えてみましょう。

まずは、離脱症状がけっこうきつい人にとってはきついです。

よく禁煙本には、離脱症状ってそんなにありませんって言うことが書いてあります。

それは半分当たっています。

肉体的な離脱症状って、実際ほとんどありません。

口の中の感覚が変になってきて、眠くなること、イライラすること・・・

私が感じたのは、これくらいですかね?

ただですね、今まであったものがないことへのストレス、
時間と時間をつなぐものがないことへのストレス、
そもそも好きなものを我慢してることへのストレスなど・・

それから、ストレスがたまると周りに当たってしまいます。

当たっていないようでも当たってしまうくらいの離脱症状は確実に出ます。

そうすると、周りの人もイラッとしますので、あなたに何かしらの攻撃をするかもしれせん。

そうすることであなたのタバコを我慢していだけのストレスが今度は更に増加します。

好きなことを我慢するストレスがさらなるストレスを生んでいってしまう悪循環が生まれてしまう可能性もあります。

じゃぁ、いったいどうしたらよいのか?

私のように、

健康診断の結果で悪いことなんてそんなにないくらいの禁煙をする緊急性がないあなた。

意思が弱くて、今日我慢できても明日にはタバコを吸ってしまう弱いあなた。

こういう私らのような人種はどうすればいいんでしょうね?

正直よく分からないので検証をしてみることにしました。

私は、禁煙外来でも失敗した人間です。

で、結局私がやってみようと思ったのは、タバコを吸う理由についてしっかりと向き合ってみようと思いました。

今、実行中ですが、毎日検証してみようと思います。

今からタバコを吸う時間とその時なぜタバコを吸ったのか?

また、タバコを吸っておいしいのか、まずいのか?

それをしっかりとつけてみることにしました。

私は、何度も禁煙に失敗したので、目標は今年中に1ヶ月以上禁煙に成功するように努力してみます。

その結果に向けて、今はタバコを吸うこととしっかりと向き合って、

しっかりとデータを取ってみます。

自分がなぜタバコを吸っているのか?

その具体的な原因を追求するために、データをとって、それを分析してみようと思います。

禁煙したら、その具体的な離脱症状と失敗談?もここに記せたらと思います。

あなたのタバコを吸う理由って何ですか?

なんとなくですか?

いつまでそれ続けますか???

次回は、禁煙の目的について考えてまとめてみたいと思います。

よろしくお願いします。

まとめ

今回は、タバコを吸う理由についてまとめました。

タバコを吸うデメリットや禁煙のメリットについては多くを語られていますが、喫煙のメリットについてはあまり多くを語られません。

でも、メリットがないことをたくさんの人がするのでしょうか?

私はそう思わないので、今回はタバコを吸うメリットを述べました。