私がタバコを吸う理由について考えてみました。⇒ タバコを吸う理由

そして、禁煙する(タバコを辞める)理由について考えました。⇒ 禁煙する理由

ただ、あなたは、禁煙がまだ成功していませんよね?

そして私もいまだに禁煙が成功していません。

私の場合は、禁煙が成功しない理由は、禁煙についてガチな緊急性も重要性も感じていないからだと思いました。

本当にお金がまったくなくなって、食べる分以外のお金がなければ、きっとタバコは辞められます。

明日タバコを辞めないとすぐに死ぬのであれば、すぐに辞められます。

明日からタバコを吸うと刑務所に入らないといけないって法律ができたらたぶんその場合もすぐに辞められます。

でも、そういう緊急性も重要性もないけど、なんとなく自分が好きなことを辞めるためにはどうすればいいのでしょうか?

そういうお話を今回は考えてみました。

 

私が禁煙を成功させるために考えていること

私は、今、ダイエットにも挑戦しています。

ダイエットってタバコを吸うと同じように、成功しようと失敗しようと生きてはいけますよね。

私の場合は、中年太りになっただけだったので、そんなに急に痩せなけれいけない緊急生はありませんでした。

また、ダイエットをすぐに成功させないと、重大な仕事や恋愛などができないってことはありませんでした。

それでも、約1年間で20キロ近いダイエットに成功しました。

その時の経験って禁煙にも応用できるんじゃないかな?って思いました。

自己分析

これは、ダイエットにしてもそうだと思いますし、何をやるにしてもそうだと思います。

相手がいる仕事にしろ、恋愛にしろ、何でもそうだと思います。

自分を知っていないのに、目標も何もあったものではありません。

私がダイエットにおいて、まず、やってみたことは、とある書籍の影響を受けて、
ひたすら食事と体重の記録をとっていきました。

そして、今は、スマホアプリもありますので、1日のカロリー数と体重の相関関係を調べていきました。

でも、これだけだとほとんどの人は失敗します。

私も少しリバウンドした時期がありました。

それはなぜかというと、自分を知っていなかったからです。

人間って弱い自分を認めるのってすっごく怖がりです。

少なくとも私はそうです。

自分は弱っちいって言葉を並べながら、どこかで自分は絶対平均より少し上にいるって思ってしまいます。

また、対人関係においても、そんなのやっても意味ないよって思っているのに、強がってしまいます。

そういうひねくれた自分も、弱い自分も、見栄っ張りな自分も、ずるがしこい自分も、全部をありのまま知ることができれば、
禁煙だけじゃなくて、何でもできるんじゃないかな?って思います。

もしくは、できないことがしっかりと判断できるんじゃないかな?って思いました。

だって、人間って背伸びしてしまうから、禁煙なんて余裕だよって思って、
いざやってみると、自分はだめだーーーなんてなるんでしょう?

もしも、自分は、嫌なことがあったら、投げ出しそうになる、その時は、こういう風にして克服したってことを知っておけば、
ちょっと違ってくると思いませんか?

それでも、失敗するかもしれません。

正直、禁煙の方がダイエットより難しいと私は思います。(もちろん、個人差はあります。)

なぜなら、ダイエットって究極的なことを言えば、食欲をただ抑えるだけです。

でも、食欲を完全に止めるわけではありません。

なので、好きなものを一生食べれないわけじゃあないんです。

それに対して禁煙って、好きなものを一生辞めないといけないのです。

この違い・・・

分かりますよね?

まぁ、それは置いておいて、とりあえず、まずは、自分を知ることからはじめましょう。

禁煙が成功したらどうなると思いますか?

次に、あなたは禁煙が成功した場合にどうなると思っていますか?

私は、そこがすっごく漠然としていました。

もちろん、健康面でのメリットは知っています。

だって、どこでも、誰でも口にしているから。

でも、私は、タバコを吸っていても、健康診断ですべていい状態を保っている側の人間です。

ダイエットのように服のサイズが変わるとかそういう劇的な変化なんて望めません。

見た目が変わるわけではありません。

確かに、タバコ臭いのは臭わなくなると思います。

20日程度禁煙しただけで、タバコの煙がすごく煙たいと思ったことありましたし、

タバコを吸っている人の車に乗せていただいた時には、うわ、くさって思いました。

でも、それだけなんですよね・・・

よく◯十年タバコを吸った人と吸わなかったっていう女の人の写真見たことありません。

あんなの合成に決まってんじゃんって私は思っていますし。

そもそもそんな双子で人体実験でもやれんのか、バカか、クソがって思っています。

それにタバコを吸ったか吸わないか以外の条件をそろえない限り、タバコだけの害で何かが起こるっておかしいし。。。

まぁ、そういうことが言いたいのではなくて、

正直なお話をすると私は私の都合しか考えていませんでした。

禁煙をした先に見ていたものは、タバコを辞めてたまったお金で好きなものが買えるかな?

程度でした。

でもですね、はじめにも言いましたけど、自分を知るってことが必要だと言いましたけど、

私は、例えば、500円玉貯金なんてやつをしても、絶対どこかで使っちゃう人間なんです。

であれば、結局残らないんです。

これは分かりきっていることなんです。

じゃぁ、私は、いったい何のためにタバコを辞めるんでしょうか?

いやね、それが、楽なことなら余裕ですよ。

私は、毎日浴びるほど飲んでいたお酒も今は週に1回程度しか飲んでいません。

そうなる理由って実はなかったんです。

無理してお酒を辞めようなんて思ったこともありません。

ただ、飽きた?

この表現があっているかどうかは私は分かりません。

タバコもそうなってくれたらどれだけ楽なのか分かりません。

でも、現実はそうではないのです。

私は、お酒と同じようにタバコをコントロールして吸うようなことはできません。

なので、もっともっとタバコを辞めた先にあるものを見つめる必要性があるなと感じました。

あなたは自分が好き?大切な人が好き?

自己分析をして、タバコを辞めた先にあるものを見つめる上で、1つだけ私が考えていることがあります。

それは、自分って結局どっちのほうが頑張れるタイプかをしっかりと考えることです。

今の自分はどうなのかを判断する必要があると思います。

例えば、少し前までの私は、自分のためにいろんなことを頑張る人でした。

ダイエットも自分のためです。

自分の見た目についてちょっとイラッとしたので、鏡を見て、ニッコリとしたくてダイエットをしました。

でも、一方で、人って弱くて、自分ためだけじゃ頑張れないところも出てきます。

スポーツ選手を見ていると、もちろん、自分の幸せのためだけにがんばれている人だっているでしょう。

でも、彼らのほとんどは、そういうインタビューで、家族や大切な人、ファンのみなさん、などを口にします。

そこで私が考えたことは、おそらく人って本当に辛いことでも大切な誰かのためだと頑張れるんじゃないかな?ってことです。

まぁ、普通の人にはそんなの当たり前て言われそうですけどね。。。

でも、私が言いたいのは、正直、25年間続いた習慣を変えるのは、それだけ苦労を伴うってことです。

その時に、自分のために頑張ってるぞって思ってやるのと大切な誰かを想定するのとでは、変わってくるかもなーと思いました。

ここは自己分析してみて、それぞれで決めてみるとよいでしょう。

では、ここで、最初の疑問に戻ります。

なぜ、ここまでして禁煙をする必要があるのでしょうか?

自分だけの禁煙の理由をはっきりさせよう!

禁煙の理由については千差万別あると思います。

大きなことで言えば、健康、金銭、他人への迷惑などがメインでしょうか?

ところで、大切な人のためにタバコを辞めることを頑張るのはいいというお話をしましたが、
ちょっと受動喫煙の問題について考えてみようと思います。

受動喫煙の害について私が思うこと

正直、受動喫煙についてあれこれ言われることが私は大嫌いです。

もはやあれって差別じゃないのかな?ってまで思うくらいです。

タバコの火が火災を引き起こす原因になるということはまだ分かります。

そして、受動喫煙における健康問題についてもある程度は分かるんですよ。

狭い同じ空間でずっとタバコの煙を吸い続けたら、それは健康に問題があります。

ただね、今の社会はやり過ぎなんです。

バカか?と思うことすら平気でやっています。

例えば、大きめの都市部では、喫煙所がなくなりつつあります。

福岡の例で言うと、私は駅近くでは、パチンコ屋さんに立ち寄ってタバコを吸います。

めんどくさい時はもう吸いません。

確かに、歩きタバコは危険を伴いますし、タバコのポイ捨ては見てても腹が立ちます。

でも、だからと言って、今の社会はちょっと過敏になりすぎです。

だって、一方で、たばこ税はどんどんあげてるんですよ?

そしてその税収は普通に予算に組み込まれているんですよ?

正直、このへんが私が心からタバコを辞めようってことに歯止めをかけていたことは事実です。

そもそも、部屋の中なら分かるけど、家の外での受動喫煙の害など微々たるものです。

それは、エントロピーの法則を調べれば誰でも分かることなのです。

だって、そう言い出すのであれば、じゃぁ、冷蔵庫やエアコンのフロンガスの問題はどうするの?

それだってみんなが辞めれば済む話なんだよ?

外でのタバコの煙よりも深刻なのは、自動車の排気ガスなのに、そういう自分の都合の悪いことには目をそむけている。

そんなふざけた状態でタバコを吸う人だけよく避難できるもんだなって私は思っています。

基本的に差別は大嫌いです。

世の中が平等でないことを私は分かっています。

生まれた瞬間から同じ条件で人が生きているはまったく思っていません。

ですが、男女の差別やら人種差別やら大嫌いです。

でも、そういう平和主義の人が平気で禁煙なんて当たり前って、

タバコを吸う人を差別することはもっと大嫌いです。

それって・・・

どっちもどっちだよね(呆)

って思っちゃうんです。

そりゃね、分かるんですよ。

すっごく分かる。

タバコを辞めるとね、タバコの匂いがね、やたら気になるんです。

だからついつい嫌な顔をしてしまう。

うん、すごく分かる。

でも、それと今の世の中の禁煙に対する動きはちょっとやりすぎです。

なんか、大切な何かから目を背けさせるために、そこクローズアップして隠されている気がするのは私だけでしょうか?

これは、喫煙しているからこういうことを思うのでしょうかね?

禁煙で得られる達成感と自信

まぁ、本当は、今の世の中のタバコ嫌い運動についてはもっともっと声をたかだかに言いたいことがあるのですが、
それを永遠に言い続けても意味がありません。

先に、禁煙の成功の先にあなたは何を見ていますか?ってお話をしました。

で、私、ダイエットの時に、思わぬ副産物を得ることができました。

それが、達成感と自信です。

先にも話しましたが、ダイエットって結局食欲をいかに抑えられるか?ってことと食べるためにどんだけ動けるか?ってその2つしかできることってないんです。

ただ、そのシンプルなことがみんなできないんです。

そして、そのシンプルなことがとてもむずかしいんです。

なぜなら、生活習慣を変えることってのは、シンプルだけど、苦痛を伴うからです。

でも、苦痛を伴うからこそ、人は、どうやって苦痛を和らげるか努力をするんです。

工夫をするんです。

どうすれば、その苦痛は楽しみに変えられるか工夫をするんです。

その先に成功体験をすると、その達成感はダイエットしたことがない人には味合うことができない達成感を感じることができます。

また、それが自信に変わります。

なぜなら、1つのことで成功できたのであれば、それは他のことに応用が可能だからです。

もちろん、何をするかによってアプローチや手段を変える必要はあります。

ですが、基本は何をするにしても同じです。

計画を立てて、行動をする。そしてデータをとって、反省をして、次に計画を立てる。

これをひたすら繰り返していけば、きっと何をするにしても結果は出ます。

でも、その単純なことが難しいんです。

禁煙の成功のために私が行っていこうと思っていること

禁煙と自己分析

では、最後に、今後自分が行っていこうと思っていることを書いてみます。

まず、自己分析については、完全に終わるわけではないので、ある程度はできていますし、
それはずっと修正を続けていくつもりです。

なぜなら、私自身の考えは変化し続けるからです。

身長はほとんど変わりませんが、体重は変わり続けますし、何かの情報を得れば、見ている景色も変わります。

いくら健康診断の結果がよいからと言って、病気にかからない可能性がないわけではありません。

急病になったらすぐにタバコを辞めるでしょうw

なので、まずは、今年は健康の可能性が高いので、健康な状態で禁煙を成功させようと考えます。

ですが、逆に健康であればあるほど、今気持ちのよいものを辞める必要はあるのか?

って疑問を感じてきます。

そこで考えたのは、他人の気持ちをもっと考えられる人になりたいという目標についてです。

私は、タバコを吸っています。

なので、タバコを吸っている側の気持ちをすごくよく分かっているつもりです。

もちろん、私と違う感情を持たれている方もいますし、ですが、少なくともタバコを吸っていない人よりかはタバコを吸っている人の気持がわかります。

ですが、私は、タバコを吸っていない側の人の気持ちがよく分かりません。

もちろん想像はできます。

たぶん、こうなのだろうなって。

書籍やテレビなどで見て、タバコを吸わない人から話を聞いて、タバコを辞めた人から話を聞いて、すごく想像はできます。

ですが、実体験が伴っていません。

なので、やってみようって思うんです。

どっちの感情も持って、その上で自分の人生においてはどちらが大切かを選択しようと思います。

それが私がタバコを辞めたいっていう大きな理由の1つになりました。

なんとなく想像しているんですけどね。

両方知っていれば、隣でタバコを吸ってる人に対して、嫌な顔をすることがどれだけタバコを吸っている人を傷つけて、イラツカせているかもわかりますしね。

隣でタバコを吸われることがツライかも経験してみたいんです。

というわけで、今年は、失敗を繰り返すかもしれませんが、禁煙に挑戦していってみようと思います。

と、その具体的な方法について次回は書いてみようと思いますので、よろしくお願いします。

まとめ

禁煙についての自分の考えをまとめてみました。

禁煙を成功させるために考えていること、自分だけの禁煙の理由を考えました。